これがドラフト制度

今年のドラフト、巨人と菅野選手にとっては天国から地獄へ突き落とされたような時間だったに違いない。「相思相愛」「一本釣り」こんな見出しが前日の新聞で躍っていたから、当人たちはもとより、メディアや我々も「きっと」そうなるとしか考えていなかったろう。

祖父は東海大相模高→東海大野球部の監督だったし、伯父は巨人の4番を経て現監督。その伯父の姿に憧れて今日まで頑張ってきたのだから、巨人で野球をやりたいという気持ちはよくわかる。

ところが、予想だにしていなかった日本ハムの参戦。巨人のスタッフは茫然自失で、原監督にいたってはくじを引くことさえ出来ず。代わりに清武球団代表がピンチヒッターに立ったが、日本ハムに交渉権を持っていかれてしまったのだから、これ以上のショックはないだろう。まさに青天の霹靂。しかし、この一連の日本ハムの行動に、会場の招待客から歓声が上がった。

ドラフト後のインタビューで原監督は顔面蒼白、「監督と伯父という二つの立場で・・・とにかく残念です」と答えるのが精一杯だった。一方菅野選手も記者会見で笑顔はなく、「今は終わってホッとしています」のひとこと。胴上げも写真撮影も中止となった。

日本ハムの行動を「KY」と感じるか、はたまた一部新聞にも掲載された「強奪」と受け取るか。それは本人や取り巻きに任せるとして、後にも先にもこれがドラフト制度なのだ。どのチームにも公平に選択権が与えられ、くじを引いて交渉権を獲得する。だから「逆指名」という正当な権利でも何でもない、口約束の武器をかざす選手には良い印象はなかった。

これまで「相思相愛」というお墨付きを手にしながら、悔し涙を流した選手がどれほどいただろう。あの江川氏の入団のゴタゴタはあまりにも有名だし、清原氏は巨人からの指名を心待ちにしていたが、指名したのはよりにもよってチームメイトの桑田氏だった。西武に入団した清原氏は、翌年の日本シリーズでその巨人と覇権を争い、優勝目前最後の守備についた時、万感の想いが込み上げて目から涙が溢れた。
今回のケースとは少し違うかもしれないが、いずれにしてもそんな壁を歯を食いしばって乗り越えて、彼らは一流選手となったのだ。

菅野選手がどういう選択をするのか注目されるところだが、少なくとも高く評価した日本ハムを逆恨みすることだけはしないことだ。日本で野球をやる以上、それは自身の大きな汚点となってずっと付き纏うことになるかもしれないからだ。

スポンサーサイト

ライブまで1ヶ月

さあ、「カフェ・グリューン」でのライブまで1ヶ月となった。今回はピンで出演することが早々に決まったので、選曲作業も早めに取り掛かった。4ヶ月前にはおおよそのプログラムが出来上がっていたが、自身のレベルではかなりハードルの高い曲もあって、つい最近まで試行錯誤を繰り返していた。「ユニットでなければ歌えない曲があるなら、ひとりが似合う曲もある」、こんなことを常に頭に描きながら、ようやく13曲すべてが出揃った。

基本的にはフォークを軸にして、懐かしい曲新しい曲、はたまたアップテンポやスローバラードを展開していく。これはいつものパターン。違うのは2本のギターを使い分けることと、カポタストを一切使わないことだ。

ブログでも紹介したが、8月に「Gibson J-50」を購入した。このギター、本当に良く鳴ってくれる。これまでの「Martin D-45」とは対極の存在だけに、曲によって使い分けることでメリハリがつけばと目論んでいる。黙って聴いているだけでも音の違いは明確なはず。お客様の反応が今から楽しみだ。

それと、今回はカポタストを使わないこと。これをネックに挟むだけで同じコードのままキーの高さを調節出来る便利なアイテムで、自身もこれまで重用してきた。ただ、コイツの欠点は、本来の音をスポイルしてしまうこと。つまり響きが悪くなってしまうのだ。せっかくの生音が伝わらないのは不本意。だから今回は、コードを駆使してキーの調整を行った。指が攣りそうなコードもわんさか出てくるが、この試みはボケ防止にも効果がありそうだ(笑)。

これから1ヶ月をかけて曲を仕上げていく。「ピンになったらショボくなった」と言われないように、また相棒がいつ戻ってきてもこのカフェでライブが出来るように、気合を入れてオヤヂは頑張るのだ。たくさんのお客様に足を運んでいただきたい。

54歳に

なった。

脚力が落ちていることを除けば、何とか無事に生きながらえていることに感謝。好きな音楽活動もやらせてもらって、恵まれていると思う。ただ、定年まで6年。年金支給額を引き上げようとする動きもあるし、不安は大きい。

この歳で「おめでとう」もないが、言ってもらえればやっぱりうれしい。日頃大切な人の誕生日は決して忘れずにメールやカードを贈っているが、今日届いたメールは・・・(笑)。言ってもらいたくて贈っている訳ではないが、自分が「大切」と思っている気持ち、相手には上手く伝わっていないのかもしれない。

もちろん、この先も自分は続けていくつもりだが。

スポーツに暴言はいらない

同じスポーツの試合で、対極的な出来事があった。
ラグビーの試合で、釜石シーウェイブスと対戦した横河武蔵野アトラスターズのある選手が、スクラムを組む際に「おまえら震災で頭がおかしくなったんじゃねぇのか」という暴言を吐いた。チームとしての謝罪コメントは発表したが、以後チームのwebサイトは開けなくなっている。エキサイトして思わず口走ってしまったのかもしれないが、被災した方たちが耳にすれば、少なからず心が痛むひとことに違いない。これまでいろいろな人が神経を逆撫でするような言葉を発しては、その立場を追われている。彼も30日間の対外試合出場停止処分を科されたが、未だに本人からの謝罪はない。

一方、男子サッカーのW杯3次予選「日本対タジキスタン」が行われ、8-0で日本が大勝した。ここまで力の差が出てしまうと、負けチームはとかくラフプレーに走りがちなのだが、タジキスタンは最後までフェアプレーに徹した。終了後の監督インタビューでラフィコフ監督はこう述べた。
「私は、日本チームをリスペクトしている。我々よりずっと高い位置を狙っている選手にケガをさせるわけにはいかない。最後までフェアプレーで戦うという姿勢は選手たちも同じだ」
普通こんなコメントを出せるものではないはず。遠い日本まで来て、アウェイのド真ん中で戦って8点を奪われれば、自暴自棄になってもおかしくはない。タジキスタンが紳士的に臨んだから、日本も手を抜かないで全力で戦った。「そこまでやらなくても」「少しぐらい手を抜けばいいのに」という意見もあるだろうが、選手やサッカーが大好きな我々は、それを望んではいなかったと思う。
 
試合の大小に関わらず、相手を見下したり暴言を吐けば非常に後味の悪いものになってしまう。全力で戦い、フェアプレーに徹したその先に、腹の底から泣いたり笑ったり出来る本当の勝敗が待っているような気がした。

こっちへ行きたい、あっちへ行きたい

東京方面へ出掛ける機会が多くなりそうな雰囲気。あっちへ行きたい、こっちへ行きたいというリクエストが重なって、もしかしたら今年中に3度は首都高に乗ることになるかもしれない。普段あまり出掛けることがないので、致し方のないところか。

●コストコへ行きたい
カミさんのリクエスト。言わずと知れた外資系の「会員制倉庫型商業店舗」だ。カミさんの姉が会員になっているのでいろいろと買ってきてくれたり、ママ友が最近出掛けてお裾分けをいただいたり、はたまたテレビで放送されたりと、カミさんの欲求は爆発寸前。とにかく敷地面積が広く、端から端がよく見えないほど。しかも、アメリカンサイズで商品が何でもデカイのだ。そして安い。とはいえ、うちは貧乏だから大量に商品を買い込むなんてことは無理で、カミさんはその中に身を投じていれば満足なのだ。我が家から最も近いのが川崎倉庫店。空いていれば2時間半ほどで行けると思うが、渋滞当たり前の「保土ヶ谷バイパス」が鬼門。

●ディズニー・シーへ行きたい
これは自分の願望。もう何年も行ってないなぁ。ディズニー・シーが大好きで、過去に2度行ったことがある。水のある風景が癒されるのだ。チビには特に聞いてはいないが、連れて行けば喜ばない訳が無い。クリスマスシーズンが到来したら金曜日に休暇を取って、1日たっぷりと遊んできたい(あくまでも願望・・・)

●東京モーターショー2011へ行く
これはすでに決定済み。今年は「幕張メッセ」から、お台場の「東京ビッグサイト」に場所を移して開催される。毎回プレス公開日の2日目の13時から18時まで、車椅子を使用する障害者に無料開放されている。今年もすでに申し込みを済ませた。ただでさえ余裕を持って見学出来るが、プレス公開日も2日目になるとその数が減るので、ガラガラな状態で見学することが可能だ。ただ、この会場は以前別のイベントで訪れたことがあるが、半端なく広い。とても自分の足では車椅子を使わないと回りきれないのだ。
電気自動車、ハイブリッド車花盛りの中で、熱くなるようなクルマを見ることが出来るだろうか。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。