クルマ雑感

2年8ヶ月ぶりにタイヤを交換した。縦溝にはまだ余裕があったが、サイドが削れてしまって何とも貧相だったからだ。ご存知のように、ハガキ1枚分の面積で車体を支えているために、雨の日は溝が残っていないと本当に怖い。信号待ちで前の車のタイヤに溝がないとゾッとする。
交換は富士市内のとあるショップ。友人に紹介してもらってから15年ほどの付き合いになる。仕事が丁寧で職人気質なのが気に入っている。価格だってタイヤメーカーの直営店や量販店よりはるかに安い。カミさんも新型ヴィッツに、ナビの取付けとヘッドライトをHIDに換装してもらった(ちょうど東日本大震災の日だった)。
今回も持ち込んでから40分ほどで終了。少数精鋭だからお世話になっている店員さんと談笑する時間はほとんどないが、「ありがとう」のひとことで十分事足りる。

話は変わるが、トヨタが軽自動車の販売を始めた。これは前代未聞。背景には、やはり低燃費を求めるユーザーの声が多くなってきたからだと言う。最近はハイブリッドではなく、エンジンだけで20~30km/Lの低燃費を記録する新車が登場している。ガソリンの高騰や環境への配慮から、カーメーカーの開発者が血の滲むような努力で輩出した賜物だ。その反面、当然だがパワーが犠牲になっている。馬力はそれほどいらないから、せめてトルクを太くして出足をスムーズにしてほしい。

それと、最近のクルマはお節介が過ぎると思うのは自分だけだろうか? 危険物を察知して自動的に停止するシステムはまだしも、「車間距離を開けて下さい」、停車中のバスを追い抜けば「車線からはみ出ています」とアナウンスが流れる。どうにも自分の意思で運転しているという気がしないのだ。もちろんマイカーは6年経過しているのでそんなものは付いていないし、指示されるのがキライだからナビも付けていない。
「若者のクルマ離れ」が叫ばれて久しいが、クルマを操る楽しさがなくなってしまったら若者でなくても興味は半減する。電気自動車、ハイブリッド車、低燃費車、運転をすればクルマの方から指示をされる・・・どこを見渡してもこんなクルマばかりになったら、何に楽しさを求めたら良いのか。実際のところ、今新車を購入することになっても、何としても買いたいと思う魅力的なクルマは皆無なのだ。「あなたは絶対1BOX買わないもんね」と、カミさんも言っている。

今年2年ぶりに「東京モーターショー」が開催される。きっと上述にあるようなクルマがほとんどだと思うが、夢を見せてくれるようなクルマ、思わずツバを飲み込むようなクルマが展示されることを強く希望する。

1109291.jpg

スポンサーサイト

幼虫の飼育に挑戦っ!!

カブトムシの幼虫飼育に挑戦することになった。何も「!」を2つも付けなくてもいいのかもしれないが、初めてのことなので、決心にはちょっとした覚悟があったから。だって、生き物だから。

今年も義父からカブトムシのオス4匹を譲り受けた。その後偶然庭先でメス1匹を発見したのでケースを新たに購入。1番大きなカブトムシを伴侶としてケースに入れた。そのケースの中にタマゴを発見したのが8月中旬。実は昨年もいくつか見つけたが、親父の葬儀があって飼育することが出来ず、親の亡骸といっしょに土に返したのだ。
タマゴ発見から2週間、ゼリーを取り替えようとケースを覗くと、チビが
「何か動いてる!!!」
と、大絶叫。よ~く見ると、何とタマゴが孵化して5ミリほどの幼虫がクネクネしているではないか。しかも日を追うごとに、ケースのあちこちで幼虫を発見。成虫の下に幼虫がいるとマズイんじゃないか? ということで、さっそくインターネットで調べてみると、成虫が踏みつけてしまうことがあるということが判明。番いを別のケースに移して、幼虫だけの住家にしたのだ。

以後も日に日に新たな幼虫発見とその見事な成長ぶりに驚かされるが、さすがに10匹となると手狭だろうし、新しいマットに交換して、たらふく食べてもらおうと飼育を決心した。量販店で10リットルのケース2個とマット、朽木、虫スプーンを購入。しめて6千円なり。
インターネットで調べたように、ケースにマットを5センチほど入れ、水で湿らせた朽木を設置。その上からさらに15センチほどマットを少し湿らしながらかけて新居は完成した。次はいよいよ幼虫の入ったケースをひっくり返してみたのだが・・・。いるわいるわ、そ~っとマットを掻き分けていくと、大小合わせて24匹もの幼虫が登場したのだ。本来メスは2~30個ほどタマゴを産むらしいのだが、我が家もご他聞に漏れず・・・といったところ。10リットルのケース2個では足りず、これまでの住み家のマットを交換して対応した。

広げたマットの中からチビは虫スプーンを使って、自分はビニール手袋をはめて幼虫を新居へ移した。素手で触ると、雑菌が着いて死んでしまうらしいのだ。その幼虫たちは、マットの上に置くとあっという間に潜ってしまう。気をつけていないと写真を撮る間もないほど速い。冬眠に入る前の11月中旬にもう1個ケースを増やさないと、蛹になる準備が出来ないほど狭くなってしまうだろう。

成虫はオス2匹が天寿を全うしたが、オス2匹とメスが暮らしているので、我が家の玄関先はケースだらけになっている。タマゴから育てて、来年の夏に成虫になるまでの過程をチビに見てもらうことで、命の大切さが判ってくれればと思う。本来この手の虫が苦手なかみさんだが、毎日餌の交換を手伝ったり、亡骸を土に返したり、そしてこの引越しでもケースを買いに走ったり、古いマットを庭先に撒いたり・・・。懸命に動いている姿を見て愛着が湧いてきたようだ。このブログに、たびたびこの話題が登場することになるかも。もし、飼育に長けている方がいらっしゃったら、ぜひともご指導いただきたい。

1109161.jpg  1109162.jpg

*写真の拡大にはご注意を!

「どじょう」じゃなくて「有頂天内閣」だろ

「野田新内閣のお手並み拝見」で前回の記事を結んだが、まあ次から次へ出るわ出るわ。大臣に任命されてよっぽどうれしかったのか、お調子に乗って誤解を招く発言が相次ぎ、官房長官が不用意な発言をしないようにと苦言を呈する有様。その官房長官でさえ「バラバラ内閣」と言わんばかりの発言をしている。
確かにマスコミの揚げ足取りや大袈裟な記事もあるだろう。しかし、この時期は誤解を招く発言は慎まなければ、不信感が漂い、何も始まらないうちから再び「ダメ内閣」のレッテルを貼られてしまう。

小宮山厚生労働大臣の「タバコ700円」発言。諸外国のタバコの価格はメチャクチャ高い。アメリカでは銘柄にもよるが、凡そ千円を超える。そう考えると、日本のそれは破格の安さだ。ただ、消費者の「感覚」の中に700円という概念がないから、「有り得ない」と反発が出るのは当然の成り行きだ。しかも、満面の笑みで会見なんぞやられたら、愛煙家にすればカチンとくるのも理解出来る。安住財務大臣らが「あれは個人的な意見だと認識しているし、小宮山先生はタバコがお嫌いだから」と牽制している。小宮山自身は周囲がきな臭くなってきたために、「あれは個人的な意見を申し上げただけ」と火消しに躍起だ。

鉢呂経済産業大臣の発言も・・・立ち入り禁止区域を視察すれば、「死の街」発言も分からなくはないが、然るべき立場の人間が見たままを表現したら国民にどんな影響を及ぼすか、ひと呼吸擱いてそれを考えられないことが問題だろう。さらに、記者への「放射能つけてやろうか」は論外。やはり、どこまで行っても他人事なのだ。大臣に上り詰め、先生と呼ばれ、恵まれた環境で毎日を送っている人間に、この先20年にわたって自宅に戻れないかもしれない地元の方の苦しみに気づかないのだろう。
世間では1番デリケートな部分、少しでも良いから前に進みたいと願っている人たちが何百万といるに違いない。国内外からの善意も、その使途はまったく明確にされないままで苛立ちも募る。その矢先に鉢呂の発言は、対岸の火事どころか地球の裏側の出来事のような感覚で、あまりに無責任極まりない。マスコミに追求されただけで目が泳いでしまっている大臣に、いったい何を託せば良いというのだろう。

今頃菅はほくそ笑んでいるかもしれない。「内閣運営ってそんな簡単なもんじゃないってことが分かったか」と。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。