中国の鉄道事故に思う

中国の高速鉄道路線で大事故が発生した。停電が原因で停車していた列車に後続の列車が追突して、4両が高さ20メートルの高架橋から転落したというもの。今日現在では200名以上の死傷者が出ている。6月に開業した新幹線ではなかったものの、200km/hで運用されている路線と車両に変わりは無い。「手抜き工事」「汚職」「運転教育の短期詰め込み」と、中国の鉄道は昔から良い評判を聞かない。事実、個人が受注操作で簡単に2千億円を懐に入れ、不足した予算の穴埋めに手抜き工事を行う。結果鉄道のみならず建物の床が抜け落ちたり、橋が崩落する大事故に繋がる。その繰り返しだ。

今回の事故は車両そのものの不具合ではなく、安全管理のお粗末さにあるように思う。まず、停電の対応。電車ならば日本でも列車は止まる。しかもディーゼルを含めた全列車が即座に停止する。信号機と信号機の間を「閉塞区間」と呼び、そこには1編成の列車しか進入出来ない仕組みになっているために、今回の中国のような事故はまず起こらない。JR東日本は独自に変電所を所有しているので、停電したとしても復旧は早い(信号プログラムの入力ミスで、過去に長時間列車が止まったことはあるが)。日常も「ATC」「ATS」「CTC」といったシステムで、安全な運行管理が構築されている。その陰には、昭和30年代に発生した「三河島事故」「鶴見事故」といった大きな犠牲が教訓となっているのだ。

記事を読むと、緊急時に作動するはずの停止装置が稼動しなかったこと、本来は追突された列車が追突した列車の後方を走行するダイヤになっていたそうで、何らかの原因で入れ替わった情報が他の列車に伝わっていなかったミスが加わった可能性が強いという。何事もなければダイヤどおりに運行が可能だとしても、今回のようなイレギュラーにはまったくお手上げの状態なのだ。いや、それ以前にこれほどまでに不具合だらけの鉄道が、200km/hで営業運転していること自体が信じられない。
中国鉄道の軌間(レールの幅)は国際規格の1,435mm。在来線も新幹線も同じ規格だ。新幹線は手抜きがあったとしてもそれなりの規格で建設され高性能車両が用いられるが、事故のあった路線は在来線を補強した上に高性能車両を走らせている。だが、その補強もどの程度のものなのか、まったく公表されていない。

中国にも素晴らしい技術を駆使した鉄道がある。「青海チベット鉄道」だ。標高5千メートルを超える過酷な土地にレールを敷設し、自然保護区の動物の往来を分断しないように築堤ではなく橋脚を採用。その橋脚の土台は凍土であるために、季節によって凍結と融解を繰り返す場所では、杭の中にアンモニアを冷媒として封印して融解を防ぐという技術を用いた。ロシアやカナダの工法を参考にし、独自に開発されたとされている(これは確からしい)。アメリカ製のディーゼル機関車3両が牽引し、24時間にわたる長旅を快適な移動空間として提供しているという実績もあるのだ。それなのに・・・。
先日日本やドイツの技術協力を得て開通した新幹線も、「中国独自の技術」として諸外国に特許申請するというニュースを聞いて腰を抜かした。しかしながらフタを開けてみれば、不慣れな職員による運行プログラムの入力ミスや乗務員のミスで、故障や運休が相次いでいる。日本の新幹線が開業して47年、車両やシステムトラブルよる死亡事故はこれまで発生していない。やはり「安全は1日にしてならず」。300km/hを超える車両に安心して身を任せ、流れ去る車窓の風景に恐怖を感じることも無い。これが真の「安全」であり、多くの関係者が身を粉にしてそれを支えている故の結果なのだ。

普通列車の何倍もの料金を払い、わざわざわが身を危険に晒してまで俄か新幹線に乗ろうとする人たちは、これから激減するのではないだろうか。開発を急ぎ、権力を誇示したいがための弊害としては、あまりにその代償が大き過ぎた。「事故は天候による停電が原因で、鉄道側には何ら責任は無い・・・」、こんな記事が出ないことを祈るばかりだ。

このたびの事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

スポンサーサイト

のんほいパーク

先日「家族と休みが合わな~い」と、ちょこっと寂しげな記事を書きましたが、今週の木曜日にカミさんが休むことが出来たので、チビを連れて遠出してきました。行き先は豊橋市にある通称「のんほいパーク」、正式名称は「豊橋総合動植物公園」です。恐竜の化石や標本を数多く展示する「自然史博物館」、「遊園地」、「動物園」、「植物園」から構成されていて、とにかく広い!! 「のんほい」とは三河地方の方言で「ねぇ、ちょっと!」という呼び掛けの言葉だとか。気楽に遊んでって、という解釈でいいのかな?

東名浜松西ICから40分、片道190キロは渋滞も無く3時間弱で到着。平日とあって駐車場は10台ほどのクルマだけで、案の定園内もガラガラ。木曜・金曜休みの恩恵で、到着早々気分は晴々。
チビの1番の目的は恐竜の化石。「トリケラトプス」が大好きで、ゲートから「自然史博物館」までいきなりの猛ダッシュ。園内も広いけどこの建物自体もかなりの大きさで、地球創世記からマンモスが絶滅する時代までを、陸・海・空に分けて化石や恐竜の実物大標本をふんだんに展示して楽しませてくれます。何せ人がいないからチビの驚く声が館内中に響き渡って、学芸員の方に注意されやしないかと落ち着きませんでしたが、すれ違うたびにニコニコ笑ってくれたのでひと安心。自分もかなり真剣に観てしまいました。じっくり観ていたらあっという間に1時間半が経過していたので、急ぎ足で遊園地に向かいました。外に出るといきなり汗が噴出してきて、博物館に思いっきり後ろ髪を引かれちまいました。

遊園地は定番のジェットコースターや観覧車、汽車、メリーゴーランド等10種類ほどの遊具がありました。それにしても人がいない・・・。どの乗り物も、み~んな貸切。ていうか、回数券を差し出すと乗り物の電源を入れる状態で、ここだけはもう少し賑やかな方が盛り上がるのに、なんて贅沢なことをほざいてしまいました。それにしても、昼飯前だって言うのに風向きのせいで動物園から強烈な動物臭が。売店があったけど、さすがに購買意欲は萎えるわ。とか何とか言ってもレストランではガッツリ食べて、ちょっとやそっとではへこたれない昭和30年代生まれ(笑)。

時間の都合で植物園はパス。その分動物園でゆっくりすることにしました。まぁこの暑さですから、動物だってシャンとはしてませんよ。ライオンやトラなんて日陰に寝そべって、舌をベロ~ン出したまんま。見る影も無いほどのだらしなさ全開って雰囲気でした。小動物と触れ合える「なかよし牧場」でも、ウサギやモルモット、羊は元気が良いものの、ミニ豚君は大イビキかいて爆睡中。自然とカミさんと目が合って、お互いが「あんたみたい」と言いたげな表情でした。
自分は車イスを使いましたが、坂も無く、GWに行った「伊豆アニマルキングダム」とは雲泥の差。しかもすべてがバリアフリーで、どんな場所も健常者と同じように楽しめます。だから「ふたりで行っといで」なんてことがないから、チビのいろいろな表情を見ることが出来て大満足。
1周回ってさぁ帰ろうかと言うより早く、チビがもう一度恐竜を見たいと言い出したので、涼みがてら再び「自然史博物館」へ。翌日から「サメ博」が開催されるために、紅白のテープや様々な飾り付けで、学芸員さんたちテンテコマイでしたよ。

午後4時過ぎに帰路につきましたが、5分も経たないうちにカミさんとチビは夢の中へ。クルマが大好きだから往路と違う道を選択して、浜名湖をグルリと周る爽快なドライブを満喫しました。往復で約400キロ、オヤヂも家族も良い気分転換が出来ました。

追伸:家に着いた途端チビのひとこと。「また9月に行こう!!」 ど~する?

1107171.jpg  1107172.jpg  1107173.jpg

1107174.jpg  1107175.jpg  1107176.jpg

1107177.jpg  1107178.jpg  1107179.jpg





震災から4ヶ月

7月から木曜・金曜が休みになり、土曜・日曜が出勤となった。世に言う「電気使用制限令」で15%の節電に対応する為だ。最初は休みが変わったぐらいで影響は無いと思っていた。が、いざ始まってみると勝手が違う。当たり前だが、平日は家族がいない。用事がなければ家の中でポツンと1人だけ。1日は潰せても2日は無理。4時を過ぎると三々五々帰宅してくるが、子供のようにそれがうれしかったりする。
逆に休み明けの土日に出勤となると、家族は起きてこないしテレビを観れば「ズムサタ」が流れてきて、どうにも時差ボケのような気分に陥ってしまう。出社してしまえばいつもと変わらない風景なのに、電話が鳴らない、来客がない。仕事は段取りをしっかりやらないと、休日の異なる会社同士では4日間のブランクが出来てしまうので、期限を定めた仕事は特に気を遣う。まだ2週経験をしただけだが、家族と過ごしたいと考えると8月の夏休みが待ち遠しい。

その「電気使用制限令」だが、東電の不手際なのに上から目線の「令」ってどういうことだ? 所有している発電所をフル稼働すれば、節電しなくても余力が7~10%出来て、危険信号の3%台は軽くクリア出来るとか。しかも、四国電力を除く電力会社各社が同じようなレベルをキープ出来るというから、原発の必要性を大袈裟にアピールする目的だろうと勘ぐりたくなってくる。
九州電力のやらせメールや集会等への動員も、明らかにルール違反。っていうか、どこの企業でも同じようなことをやってはいると思うが、時期が時期だけに「やっちまったな」という印象。あれじゃ地元の理解なんてとんでもない話だ。しかも今日になって、玄海町長の実弟が九州電力関連施設の建設で総額56億円の受注を請け負っていたというニュースも浮上。これまた何だかきな臭い・・・。

相変わらず国政は泥沼。松本さんは自爆、海江田さんも菅に煮え湯を飲まされて、完全にやる気を失っているだろうし。安住国対委員長からは意見に値しない人間とまで酷評される始末。政治は非常に危険な状況で、3月11日の震災当日よりさらに悪くなっている気がするのは自分だけだろうか。
震災から4ヶ月、義援金は未だに22.7%しか配布されていない。菅、もう限界だよ・・・。あんたじゃ無理だ。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。