今年もやるんだ・・・「24時間テレビ」

今年の「24時間テレビ」のマラソンランナーは、これまで総合司会を担当していた徳光和夫さんに決まった。「こなすばかりで取り組むことがなくなった」というのが決断の理由だそうだが・・・。実際、大丈夫なのだろうか。10年前には心筋梗塞で闘病生活を送っている。しかも70歳という高齢だ。酷暑の中、たとえ100キロ走ることは無くても、相当な負担になることは容易に想像がつく。日本テレビ、何を血迷ったか。奇を衒った企画で視聴率を稼ごうとでも目論んでいるのだろうか。

これまで幾度と無く「24時間テレビ」に苦言を呈してきた。自身が障害者だから、24時間限定のお祭り的チャリティーは異様に感じる。これでもかとお涙頂戴企画が次々に放送され、司会者や出演者が涙を流す。随時募金総額を発表してさらに募金を煽る。そして、最もその意味が分からないのが「24時間マラソン」だ。何を目的に走らせるのか、未だにその意図が掴めない。「本当は走ってないんだろ」「グランドフィナーレに上手いこと間に合うのはおかしい」と様々な憶測はあるが、自分的にはそれ以前の問題。やはり万策尽きて血迷ったとしか思えない。

3月の大地震で未だに多くの被災者が苦しい生活を送っている。しかし、日本テレビにすればこれほど美味しいネタはない。大量のスタッフを被災地にバラ撒いて、全国を泣かせるための取材をすでに行っているはずだ。きっと夏には、素晴らしいドキュメンタリーや震災をテーマにした再現ドラマが放送されるに違いない。しかし、いくらそんな番組を並べたところで、首相の記者会見で「また、原発の話かよ」「笑っちゃうよね」と言った記者やアナウンサー(フジテレビ)、取材中に「それは面白いよね」と瓦礫の前で口を滑らせたリポーター(日本テレビ)がいたりと、悲惨な現状も所詮は他人事としか映っていないのだ。そんな連中が報道したりこの手の番組を制作するのだから・・・。
障害者や高齢者だけでなく、被災された人たちまで食い物にするのは許されない。

募金のおかげで、今までよりも体に負担をかけずに生活出来る方がいるのも事実。だったら年間を通じてチャリティーに取り組んだらどうだろう。大金を投じてあれだけ大々的に企画を打てる力があるのなら、十分に可能だと思う。たった24時間だけ善人面して、あとはパラリンピックさえ中継しないテレビ局なんて、どう考えたっておかしい。そう思うのは自分だけだろうか。


スポンサーサイト

被災地から元気をもらうのは自分たち

勤務する会社の隣は、トヨタグループの製造会社。5階の職場からはモータープールが一望出来るのだが、震災直後から生産がストップして台数が減り、1週間ほどで完全に車両の姿は消えてしまった。東北に拠点を持つ部品会社が被災し、その影響でどのカーメーカーも休業を余儀なくされた。報道されたそれを目の当たりにした訳だ。

普段はモータープールに溢れんばかりに車両が並び、それをカーキャリーが次々と運搬していく。毎日当たり前のように見ていた光景だけに、閑散とした広大なスペースは事の重大さを物語っていた。一部の従業員はモータープールの舗装をやり直したり白線を引いたりと、いつ再稼動しても良いように準備を行っていた。自身の会社もサプライヤーで、全メーカーに部品を納入しているのだが、やはりいくつかの事業所では休業となった。日本の基幹産業の危機・・・。

だが、ようやくモータープールに車両が戻ってきた。長いトンネルを抜けて、今日から再稼動したのだ。昼少し前から徐々に車両が並び始め、夕方には敷地の半分が新車で埋まった。工場から運んできたドライバーたちが迎えのワゴン車に乗り込むまで、周囲を見回したり談笑したり、再稼動の喜びをかみ締めているようだった。カーキャリーも久しぶりに姿を見せて、以前と同じように積み込みを済ませるとゆっくりと出発して行った。

自分もうれしかった。震災で後退した時間が、少しずつ戻ってきたように感じたからだ。もちろん尊い命や財産は戻ってはこない。でも、悲しみや辛さを乗り越えようと、必死に前を向こうとしている被災地の底力を痛感した。
稼動はまだ50%だそうだが、たとえわずか1%でも働ける喜び、機械を稼動出来るうれしさを感じることで、「また明日」に繋がる力が湧いてくるのではないだろうか。

自分も被災地に負けてはいられない。

雑感

パソコンの前に座っているだけで、世界各地が衛星写真で見られる「Google Earth」。鉄道路線や名だたるサーキットを見るのが好きで、時間があればちょいと世界旅行に出掛けている(笑)。その「Google Earth」に、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた太平洋沿岸の写真がアップされた。撮影日は3月14日、発生から3日後だ。
遠く離れている自分にはニュース映像でしか現場の状況を把握出来ないが、上空から広範囲に被災地を見ると、想像を絶する光景に言葉が出なくなってしまった。海と陸地の境目が判別出来ない上に、津波は大きな町さえひと呑みにして、一瞬にして多くの尊い命を奪ったことが容易に想像出来る。過去の写真を比較出来る機能を使って仙台港のコンテナ基地を見比べてみたが、整然と並べられたコンテナ群が、震災後は港中に散らばっていた。
仙台空港も泥や瓦礫に埋もれ、滑走路に書かれた数字がかろうじてここが空港であることを訴えているようだった。わずか1ヶ月で開港にこぎつけたことは、復興への弾みをつけるための執念の作業だったに違いない。

北上すると、東松山、石巻、女川、気仙沼、陸前高田、大槌・・・と、どの町も埃で黄色く染まり、わずかに残った道路を人が歩いている。瓦礫の中に鉄筋の建物が廃墟のごとく建っているだけで、土台ごと流されたのか住宅の姿は見当たらない。しかし、家族を、知り合いを、友人を、そして住む家を失くした人たちが、身を寄せ合って避難所での生活を送っている。

天皇皇后両陛下をはじめ、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻が、避難所を見舞う姿がうれしい。遠い遠い雲の上の存在である皇族が、膝を突き、目線を同じ高さにしてお見舞いを述べられる。被災者の方々にはどれほどの支えになるだろう。この先も東北を回られるという。自分でさえありがたいと感じる。くれぐれもお気をつけて、そして多くの被災者の方々を元気付けていただきたい。

なんという纏まりの無い記事・・・。

ファイル壊れりゃタダの箱

Windowsのアップデートの最中に、突然「ファイル破損」のメッセージ。I.EとLIVEメールが開けない。時間を遡って復元を試みるもダメ。
「序数383がダイナミックライブラリ iertutil.dll から見つかりませんでした」
こんなメッセージが頻繁に出るようになって・・・素人がそんなんわかるかい!!
ブラウザをFirefoxに切り替えたらネットは使えるようになって、あちこち調べ倒したが結局何のこっちゃさっぱりわからない。泣く泣くリカバリーすることに。これって、かなり面倒な作業なんだよなぁ・・・。

資料や写真はかみさんのパソコンへ移し(この作業でも1時間半)、アドレスやお気に入りはメモリースティックにコピー。リカバリーディスクを入れて約4時間、パソコンは納品された時と同じ状態に戻った(はず)。でも、データを戻す前にセットアップしないとならない。買ってまだ8ヶ月なのに、『はじめてお使いになる前に』なんてマニュアルをまた読むことになるとは。トホホ・・・。
再びデータの移し替えにソフトのインストールやダウンロード、夜には何とか以前と同じ状態で使えるようになったけど、せっかくの休みがパーに。

高校生になった長男におふくろがお祝いを渡したのでパソコンを購入。会社経由でだいぶ安く買うことが出来て喜んだのもつかの間、納品された2日後に今度は10年使ったかみさんのノートがクラッシュ。すぐにほしいということで量販店で購入して・・・。
先週の休みは2台のセットアップに、今週は自身のリカバリー、どうもパソコンに祟られている気がするのは自分だけ?

次の休みこそ平和でありますように・・・。

さすがカズ

(パソコンが不調だったので、アップ出来なかった記事を掲載します)

さすがカズ、KINGカズ。この男はやっぱり「持ってる」。ドラ1で入団したピッチャーの「持ってる」ものよりも、その大きさや強さはまったく別物だということがよくわかった。44歳、あまりにもカッコ良過ぎる。

日本代表対Jリーグ選抜、スゴイ顔ぶれが一堂に会したこと自体信じられないのに、セレモニーから4万人を超えるサポーターがひとつになっている姿に感動した。全選手がピッチに登場した時のどよめき、国歌斉唱の静寂、そして黙祷・・・。期待と祈りがテレビからも伝わってきた。
 
キャプテンの長谷部選手が、メッセージの途中で声を詰まらせた。今回の震災は、もう他人事ではなくなっているのだ。その証拠に慈善試合とはいえ、どの選手も真剣だった。まさかイエローなど出ないだろうとタカをくくっていたが、Jリーグ選抜に2枚。闘莉王選手はかなりエキサイトして李選手に対して声を荒げていた。

遠藤選手と岡崎選手のシュートが決まり、2-0で前半を折り返す。そして後半37分にカズが登場、闘莉王選手のアシストを受けて見事なシュートを決めた。決めて欲しい選手にゴールが生まれ、得点も1点差。まるで筋書きがあるかのようなゲーム展開に感じたが、これも全力で戦っているからこその結果なのだ。

後刻ニュースで被災地のサポーターのインタビューが紹介されたが、どの顔にも笑みがこぼれ、「たくさん元気をもらった。また明日から頑張って生きていきます」と、誰もがこの慈善試合に感謝していたようだった。仙台での視聴率25%がそれを物語っている。

迷走の末にようやく同時開幕に漕ぎ着けたプロ野球、サッカーとは運営方法の違いが有って同じようなことをするのは難しいかもしれないが、もし行ったとしても「ひとつになる」という感覚は、サッカーには遠く及ばない気がするのは自分だけだろうか。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。