サッカーに水を空けられたプロ野球

15日に発生した静岡県東部の地震で、たくさんの方から電話やメールをいただきました。ご心配いただき、本当にありがとうございました。未だに「緊急地震速報」や小さな揺れにさえビクついている状態で、東北や茨城・千葉での余震を考えると言葉になりません。それだけに間髪入れずに連絡をいただけること、本当にうれしい限りです。

相変わらずセ・リーグはドタバタしてますね。巨人の滝鼻オーナーが「日程を決めるのはお上じゃない!」って吼えたり、パ・リーグの決定にイチャモンつけたりしたみたいですが、結局自分たちのことしか考えていないという姿勢があからさまです。「こっちが照明を薄暗くしてまでも野球やってやろうって言ってるのに」という声が聞こえてきそう。

一方、サッカーは打ち出す策が実にタイムリー。Jリーグは早々に日程の延期を決定、日本代表対モンテネグロ戦が中止になるや、Jリーグ選抜との慈善試合に切り替えました。しかも、会場を静岡(この地区は停電は無いのですが)から大阪・長居陸上競技場へ変更して、静岡=計画停電のモヤモヤをクリア。これは面白い試合になりそうです。

他にも各国で行われているリーグ戦の前に黙祷を捧げたり、「がんばろう 日本!」の横断幕を長時間映したり。そして、「バイエルン・ミュンヘン」が5月末に日本で慈善試合を行うために調整中だとか。
野球、特にセ・リーグは完全に水を空けられた格好ですね。

閑話休題-
ドタバタ続きで忘れていましたが、その地震のあった日に長男が志望する高校に合格しました。将来自動車の開発をやりたいからと工業高校を受験しましたが、恐らくギリギリでの合格でしょう。とりあえずは「おめでとう」です。今は背中に羽が生えてしまって、買ってもらったばかりの携帯電話をいじりまくってます。合格したら終わりじゃないからな~。

スポンサーサイト

ダメだ、こりゃ・・・

・25日の開幕を延期して29日にする

・4月3日までは東京電力、東北電力管内のナイターを取りやめ、デーゲームとする

・4月5日から東京電力、東北電力管内のナイターは「減灯ナイター」として節電策を講じる

・節電策の一つとしてレギュラーシーズンで延長戦を行わず、九回で打ち切る

・東京電力、東北電力管内では、夏場の試合を可能な限りデーゲームとする

・安全確保や節電問題などに対処するため、震災対策会議を設置し、選手と連携して難局を乗り越える

(スポニチ記事より)

たった4日延期してどうなる? 29日からだと、巨人はドームを離れる=ナイター開催を免れる・・・ 「減灯ナイター」って何?

セ・リーグの理事会メンバーって、常識のない連中だということがよ~くわかりました。

なぜセ・リーグは開幕を強行する?

東北地方の大地震の犠牲者が、阪神淡路のそれを上回ったそうです。未だに消息の分からない方が多数いらっしゃるし、薬の不足や環境の激変で亡くなる方もいらっしゃいます。救援物資が避難所のすぐそばまでいっているのに、運搬する車両のガソリンが不足して届けられていません。かたや福島の原発では、自衛隊、消防、警察、米軍、そして東電の職員が命がけで被害を食い止めようと、不眠不休の活動をしています。我々だって微力ですが節電を心掛けて、計画停電に協力させてもらっています。

それなのに、プロ野球セ・リーグが予定通りの開幕を決定しました。自分も野球は大好きです。F-1の開幕と同じぐらい楽しみにしているんです。でも、今野球の試合を強行する意味って何でしょう? 「被災者に少しでも元気を」と言うのなら、少なくとも今は「野球」ではないと思います。

ドームでの開催だとどれほどの電力を消費するかは、すでにニュースになっているとおりです。首都圏の交通機関が正常に動いていないために、通勤通学に四苦八苦している方々がいます。そのど真ん中でナイトゲームを開催する無神経さが自分には理解出来ません。開催までに議論する時間は持ったのでしょうけど、実際何の工夫も策も無い。巨人の清武代表がこう言ったそうです。「プロ野球が前を向かないでどうする」- でも、今は前よりも周りを見てほしい。

凋落の一途を辿るセ・リーグ人気、何が何でも・・・ということになれば、さらに野球離れに拍車がかかるでしょう。「野球が世の中を変える」、10年前だったら通用したかもしれません。

15日に静岡県東部でも震度6強の強い揺れがありました。棚のものはすべて落下して、重いパソコン本体ももう少しでデスクから落ちるほどでした。どうなってしまうんだろうとかなりの恐怖を感じましたが、東北の震災とは恥ずかしくて比較も出来ないほど。でも、それだけに自分に出来ることを冷静に考えることが出来たと思っています。だから、もう一度言います。

工夫の無いセ・リーグは開幕すべきではない!!

自分に出来ること

ニュージーランド・クライストチャーチで発生した大地震の記憶もまだ新しいのですが、今度は日本で記録的な大地震が発生してしまいました。震源は三陸沖、これまでも大きな地震が何度か発生していましたが、今回は史上最悪のM9.0という聞いたこともない強さを記録しました。何度も何度も津波で破壊される街の映像は言葉に出来ないほどの衝撃で、北海道奥尻島の津波被害や阪神淡路大地震で高速道路が倒壊した映像を思い出しました。

被災された方々については報道の通りなので改めて書くことは控えますが、スーパーでもコンビニでも整然と列を作って順番を待つ姿に頭が下がりました。海外のメディアもこの光景を驚きと賞賛の目で紹介しているそうです。

また、各国の救援隊もぞくぞく日本に到着しています。これまでの日本の救援隊の尽力が評価された結果です。復興に向けて動き始めたばかりのニュージーランドからも、「今度は我々が支援をする番」と駆けつけてくれました。義援金に思いを託して祈るしか出来ない我々に代わって、不便な生活を強いられている方々に手を差し伸べてほしいです。

今、自分たちに出来ること。計画停電だけでなく、日頃から意識して節電をしましょう。会社では今日、エレベーターの運用停止、空調機の使用禁止、就業中の照明OFF、トイレの便座と洗浄水の「温」の停止等の指示がありました。残業も禁止です。これぐらいは当たり前のことですね。

それから政府にひとこと。福島原子力発電所の事故対応について、くれぐれも国民への報告は真実を伝え、後で取り返しのつかない事態にならないようにしっかりと舵取りをして下さい。

この度の地震で被災された方々には心からお見舞いを申し上げると共に、亡くなられた方々にはご冥福をお祈り申し上げます。


PS.
オヤヂ一家は全員無事でした。ご心配をいただいた方々、ありがとうございます。

「ありがとう」

今日は3月9日、サンキューで「ありがとう」の日だそうです。単なる語呂合わせだし、この日は特に感謝の気持ちで生活しなさい・・・という意味合いでもないと思います。どんな時でも助けてもらったら「ありがとう」と心から謝意を伝えれば良いと思うし、笑顔を添えれば尚のこと言われた方も気分が良くなるはずです。

昨日長男が中学卒業を控え、お別れ遠足で「八景島シーパラダイス」へ行ってきました。普段は土産の「み」の字もないヤツなんですが、珍しく家族全員に買って帰ってきたんです。かみさんや自分には携帯ストラップ、早速今日から付けさせてもらいました。10歳離れた弟には、10ページほどの小冊子。1ページに30枚ほどの、2センチ四方のシールを番号順に貼っていくと魚の絵が出来上がるという仕組み。よっぽどうれしかったのか、
「兄ちゃん、ありがとう!」
って何度も言って夢中でシールを貼っていました。言われた長男も予想以上に喜んでくれたせいか、普段は見せないはにかみようでした。

PS.
あの「バービー人形」が発表されたのも今日だとか。「トイストーリー3」で、ケンといい味出してましたよね。

10万アクセスありがとうございます

今日、10万アクセスに達しました。途中放置していたにも関わらず、いろいろな方に来ていただいて感謝しています。4年2ヶ月での達成ということになりますが、特にランキングに拘ることも無い(こんな内容で拘っていたらバチが当たります)ので、普通に「ありがとうございます」という気持ちです。これからもよろしくお願いします。

今日は、映画「おまえうまそうだな」の作者・宮西達也さんの話。
実は自分は宮西さんと出身地が一緒なんです。クルマで10分もかかりません。30年ほど前に通っていた喫茶店がありました。そこのマスターが、「知り合いが絵本を自費出版したので読んでほしい」と手渡してくれたのが、「ツールの季節」でした。文はすがたゆりさん、そしてイラストが宮西さんだったんです。お二人とも中学校の1年先輩でした。

そのうち宮西さんは絵本作家として頭角を現し、「おとうさんはウルトラマン」「きょうはなんてうんがいいんだろう」等で数々の賞を受賞、ついに「おまえうまそうだな」の大ヒットにつながりました。地元の映画館で舞台挨拶、そのあと世話になっているFM局にゲスト出演された際に、「ツールの季節」を差し出してサインをいただきました。その時の宮西さんの表情・・・

「なぜその本を持っているんですか?! 僕の恥ずかしいイラストがたくさん載っているから・・・。」

照れながらも快くサインしていただきました。
映画はDVDで鑑賞しましたが、「おとうさんはウルトラマン」同様、ウルウルきてしまう作品でした。現在宮西さんは、わが町の親善大使です。

201103062.jpg

201103063.jpg

201103061.jpg

納車

カミさんのマイカー、「ヴィッツ」が本日納車となりました。一回りサイズアップして、車内もグンと広くなりました。グレードは「F Smart stop」、今が旬のアイドリング・ストップ搭載車です。エンジンが冷えている時や坂道ではOFFになります。信号待ちでエンジンが停止、車内が静かになると今までにない感覚。ブレーキから足を離すと瞬時にエンジンが再始動します。感動!!

当初ナビとヘッドライトをHIDにするつもりでしたが、抱き合わせの設定で高額になったり余計なものが付いてくるので、長年自分が世話になっているショップにお願いしました。価格は半額。来週取り付けてもらうことになっています。

さあ、このクルマは何年乗ることになるのかな?

201103051.jpg
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。