うざいマスコミ

クライストチャーチで発生した大地震から1週間が経過した。地元はもちろん、日本をはじめ各国からの救助隊が、不眠不休で行方不明者の救出活動を行っている。残念ながらいくつかの遺体が発見されてはいるが、損傷が激しいために性別や国籍は分からない状況だという。駆けつけた肉親は現場に近づくことが許されず、警察からの連絡を一方的に受けるしかないというから、肉体的にも精神的にも憔悴しきっているに違いない。
幸いにも被害に遭わず、また瓦礫の中から救出された人たちは、自身のことよりも亡くなった人や未だ行方不明の友人たちの身を案じ、「自分たちはただ運が良かっただけ」と口を開くのが精一杯だ。誰もが「ひとりでも多く救出したい」という一念で、自身に課せられた以上の労力を注いでいるのだ。

そんな中、立ち入り禁止の病院に入り込み、取材を行おうとした日本の記者が身柄を拘束された。緊迫した中で本当に情けないニュースだった。新しい情報を求めての行動なのだろうが、規則を破り表沙汰になれば結果的に「何やってんだよ!」ということになる。
1週間でこの手のニュースは他には流れていない。

それから地震が発生してから2~3日経ってからだろうか、マスコミは行方不明になっている語学研修生の人となりを報道するようになった。英語を学ぼうと日本を旅立つまでの経緯を、中学や高校の頃の写真を交えながらまるで思い出話のように伝えるのを観て怒りを覚えた。しかも、「これまでの仕事を辞めて、発展途上国で活動するために英語を勉強したい」という、マスコミがいくらでも話を膨らますことが出来る研修生ばかりを取り上げて、「かわいそう」を助長しているとしか思えない報道を繰り返す。経緯はどうあれ、研修生全員が同じ志でクライストチャーチにやって来た事実だけを伝えるだけで十分ではないだろうか。時間と闘いながら必死に活動している救助隊や、最後の最後まで生存を信じてひたすら待ち続ける肉親に冷や水を浴びせる行為ではないのか。よりによって、そんな肉親に追い討ちをかけるように「今のお気持ちは?」とマイクを向ける記者もいる。

崩落したCTVビルから救出された研修生に「未だ見つかっていない人が20人以上いる」と告げると、驚きの表情を見せた後泣き崩れた。周囲が気遣って伏せておいたことを、わざわざ記者が伝えてしまったのだ。そうかと思えば、右足を切断して救出された奥田さんへのインタビューでは、高校時代にサッカー部だったことを引き合いに出し、「もうサッカーは出来なくなってしまいましたね」と言った記者。ここまでくると人としておかしい。
今日傷心の帰国を果たすが、くれぐれも気持ちを逆撫でするようなインタビューはやめてもらいたい。

スポンサーサイト

クライストチャーチが・・・

ニュージーランドのクライストチャーチで大きな地震がありました。M6.3、震源の深さは5キロ。震度に換算すれば6強か7だそうです。昨年9月にもM7以上の地震がありましたが、発生が未明だったために幸い負傷者が少なかったとか。今回は午後0時50分でした。死傷者が相当数出ているようです。

実は7年ほど前に、クライストチャーチに3日間滞在したことがあります。町全体が花や緑の広大な芝生に囲まれ、18~9世紀頃の建物が点在してまるで箱庭のような印象でした。街の中心部でも高いビルが少ないために、どこへ行っても青い空が眺められて開放的な空間が広がっていました。

しかしながら届くニュース映像は建物が崩壊したり、瓦礫に自動車が押しつぶされたり、レスキュー隊員が必死に救出作業を行っているものばかりで、改めて事の重大さに驚かされました。特に「クライストチャーチ大聖堂」のシンボル・尖塔は、真ん中から下の部分が残っているだけ。このすぐ隣に宿泊したホテルがあって、部屋の窓から見た夕焼けに生える塔のシルエットは、未だに鮮明に記憶しています。でも、そのホテルも大きな被害を受け、倒壊は時間の問題のようです。

ニュージーランドを旅した際にお世話になった日本人ガイドさんの安否が気になり、大変な時と認識していましたがメールを送りました。1週間以内に返信があれば・・・と思っていたところ、今日無事だというメールが返ってきました。

「私の自宅兼オフィスもめちゃくちゃで、天井と床を反対にしたような状態です。倒壊した建物で亡くなられた方も多いです。これくらいの事で落ち込む暇などないと言い聞かせて頑張っていきたいと思います。」

大変な被害を被ったと察しますが、前向きなメールに目頭が熱くなってしまいました。大学を卒業して単発飛行機の免許を取りにニュージーランドへ。そのまま居ついてしまい、自身で日本人向けの旅行会社を立ち上げた努力家です。きっとまた立ち直ってくれると信じています。自分も支援の方法を模索しています。

201102231.jpg
「クライストチャーチ大聖堂」です。左側の尖塔が半壊しました。

2011022232.jpg
宿泊先のホテルの窓から大聖堂を撮影したものです。

201102233.jpg
「旧カンタベリー大学」の校舎も壊滅的な状態になりました。

ライブの曲目思案中

次回ライブは5月28日(土)です。演奏する曲のリストアップを始めました。実はこれを考えている時間て結構楽しいんですね。我々「F&R」の基本になるのは、1970~80年代にかけてのフォーク。この時代には珠玉の作品が名を連ねています。オヤヂ2人もほとんど毎日耳にしながら育ってきました。ただ、ライブには様々な年代のお客様がいらっしゃいます。昔のフォークにばかり固執している訳にはいかず、たまに今時の曲にチャレンジすることもあります。前回は「ここから未来へ」(BEGIN)、「また君に恋してる」(ビリー・バンバン)、その前は「いつか」(ゆず)、「Jewelry day」(絢香)。「ボイスキュー」パーソナリティー・小坂真智子さんが今回も参加してくれたら、「恋をしている」(Every Little Thing)をリクエストしようかとも考えています。お客様に媚を売るのもちょっぴりあります(笑)が、「2人併せて105歳」のオヤヂらの頑張りを見てもらいたい気持ちもあります。

まだ始めたばかりなので候補曲は数曲しか挙げていませんが、「春雷」(ふきのとう)、「愛はかげろう」(雅夢)、「しゃぼん玉」(長渕 剛)等は、ハモリがきっちり決まるとカッコイイなと思っています。それぞれがソロで演奏するコーナーでは、「愛燦燦」(美空ひばり)をハーモニカを加えてやってみたいな・・・と。
You tubeでライブの映像を探して、コードやアレンジを探し出しながらコピーしていくのがまたまた楽しい作業なんです。「こんな弾き方するんだ~」なんてブツブツ言いながら。夜の遅い時間のコピーなので、背中を丸めながら小さ~い音で練習です。

来週相棒がリストアップした曲を併せてプログラムを決めていきます。ただ、2人のレベルがレベルなので、やりたくても手の届かない曲はいっぱいありますが・・・ね。

ご無沙汰です

更新しようという気持はいつも持っていたんですが、遅く帰宅すると再びモニターの画面を観るのが辛くて、結局「放置」ということになってしまいました。こんな状態なら閉鎖しようかとも思いましたが、病気をして1番辛い時期に始めたブログです。当時たくさんの方々に励ましのコメントをいただいて元気になったので、それがなくなってしまうことは、自分の足跡を消してしまうことになります。もっとこのブログを大切にしなくてはいけないと思いました。せめて週に一度は更新しようと改心しました。

未だに亡き父の手続きが続いています。先月ようやく相続の手続きが終わり、来月に入ったら今度は墓石の打ち合わせに入ります。パンフレットは手元にありますが、ゆっくり眺める時間はなく、石材店で直接石を見せてもらって話を進めることにしました。価格的なこともまったく知識がないので、いったいいくらかかるものなのか戦々恐々としている状況です。

とりあえず自分は元気です。ちょっとプレッシャーがかかると睡眠に影響が出るものの、勝手が分かっているので何とかなっています。ライブは昨年6本、今年に入ってすでに1本行いました。掛川市で行った「歌のおまけ付教育講演会」は2年半ぶり。最初は緊張しましたが、参加されたママさんたちのノリの良さに助けられて、とっても楽しい90分間でした。次回ライブは5月28日になります。

それから、今まで使っていた「ipod nano」から「ipod touch」に買い換えました。音楽を聴くのが1番の目的ですが、色々なアプリを楽しみたいと思ったからです。音質が良くなっていることに驚きましたが、グラフィックのキレイさも第3世代より格段にアップしています。容量は8GBとシリーズ中最小、通信も使いませんが、自分のレベルではこれで十分なスペックです。ギターの練習に、会社の昼休みに重宝しています。

110213_1709~01

最後にかみさんの話題をひとつ。
8年間乗った「ヴィッツ」から新型「ヴィッツ」に乗り換えることになり、先週契約をしてきました。クルマのことはからっきしのかみさんなので、自分が代わりに商談をしました。発売から間がないので値引きはシブめでしたが、下取りをだいぶ勉強してくれて全体的には良い買い物が出来ました。ヘッドライトをHIDに換装したりナビの取り付けは、自分が世話になっているショップに依頼。ディーラーの見積りより15万円ほど安くやってもらえることになりました。納車は3月上旬です。うすいピンクの「ヴィッツ」ですよ。

bodycolor_img_color3P3.jpg
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。