選挙が終わりました

 衆議院議員選挙が終わりました。ご存知のように政権交代となり、自民党が下野することとなりました。前評判で盛んに民主党の攻勢が伝えられていましたが、いざ目の当たりにすると新鮮というか不思議な気さえしました。でも、これが国民が下した結論、候補者たちがお題目のように唱えていた「民意」なんですね。

 前回の選挙は「郵政選挙」といわれて自民党が圧勝しましたが、その直後に提出されて可決した法案が「身体障害者自立支援法」でした。この中途半端な法律のおかげで、多くの障害を持つ方々が今も苦しんでします。自立支援なんて聞こえはいいですが・・・。
要は障害者が福祉サービスを受ける際に、施行前は所得に応じて利用料が決まっていましたが、施行後は一律とすることで福祉財政を増やし、福祉サービスを充実させるというものです。従って低所得の障害者は大きな負担を背負い込むことになりました。

 助産施設で収入を得ても、使用料や食事代などその2倍もの費用を負担しなくてはならないというおかしな現象が起きています。「心の支え」「働く悦び」「生きることへの励み」を提供する作業所に通えなくなって生きがいを失い、引きこもりや寝たきりになる障害者の方もいたり、作業所そのものの経営が成り立たなくなる場合も多々あるそうです。希望の芽を摘み取ってしまった国の責任は重い。「支援」を受けるためには、まず大きな犠牲を払わなくてはならなくなりました。しかも同じ障害者でも「身体・知的・精神」障害者が対象で、「発達・情緒」障害者は支援の対象外。多くの団体が見直しを叫んでも、相次ぐ首相の交代や年金問題でかき消されてしまって、ズルズルと悪い流れは続いています。昨年近隣の市では、予算削減ために最初に手を出したのが公立幼稚園や保育園の通園バスの廃止でした。「24時間マラソン」の記事で、「弱者にやさしくない国」と表現したのは、実はこれらがずっと心の中にしこりになっているからです。

 自分も障害者のひとりです。いつ足が悲鳴を上げるかも分からないし、定年まで働けるという保障もありません。質素な暮らしで十分だから、墓に入るまで生きることへの不安は出来るだけ抱きたくないというのが本音です。

 今回の選挙の最終投票率は69%でした。これを高いと見るか低いと見るか。自分は80%近くはいくだろうと思っていたので、ちょっと意外な数字と受け取りました。ここ2~3年の政界はとても尋常ではありません。総裁が中堅・若手議員からダメ出しされて政権を放り出し、首を挿げ替えて一時は収まってもまた同じことの繰り返し。麻生さんは派閥の柵にあって言いたいことややりたいことが止められて、挙句「ぶれ」と言われ「揚げ足取り」をされて失脚しました。次の総裁も担ぎ上げられる時は鳴り物入りでも、また横槍が入ってボロボロになって辞職するかもしれません。そんな茶番劇は水戸黄門ではありませんが「もういいでしょう」。もっとも「横槍」を入れたり、インタビューや記者会見でいつも悪態をついていた代議士たちは、民主党の落下傘候補たちにことごとく敗北しましたね。

 それでも投票しなかった人は、民主党でも同じ道を辿るだろうからというのが理由かもしれないし、日本の政治自体に嫌気が指しているのかもしれません。「自分が投票しても何も変わらないから」という若い世代が多いように思いました。でも、ひとりひとりの票の積み重ねが政権交代を実現した訳で、この先マニフェストに則った政策で日本の舵取りをしていくことになります。この4年間で日本がどう変わるのか、まずはお手並み拝見です。

 そうそう、「24時間マラソン」は時間内に収まらなかったそうですね。今朝のニュースで知りました。掻い摘んで観ようと思って、結局何も観ませんでした。どんな走りっぷりだったんでしょうか。「私が何とかしますから、この番組はぜひ見直しをして下さい」って、鳩山さん言ってくれないかなぁ。
スポンサーサイト

家族旅行③です

 初日は台風の影響も受けずに終了。夕焼けも見ることが出来て、ニュースでも「降るのは朝のうちだけ」ということで、チビのために計画した昆虫公園も何とか大丈夫だろうと安心して就寝しました。
ところが、早朝ものすごい横揺れで飛び起きました。枕元に置いてあった携帯からは、緊急地震情報を知らせる着信音が鳴り始めるし、外からは「ゴーッ」という不気味な音は聞こえてくるし、完全に噂の大地震が来たと思いました。カミさんもすぐにテレビから情報収集、さすがの長男も目を丸くして布団で固まってました。チビは・・・爆睡。
 即座にサイレンが鳴って、防災無線からは「津波注意報が発令されたので外に出ないように」との指示。でも、目の前は海です。ちょっとドキドキしました。
各地の震度は震源地近くで「6強」。オヤヂの自宅近辺では「5弱」。ホテル周辺でも「5弱」とのことでしたが、7階というのは揺れますよ。途中から建物が千切れるんじゃないかと思うほど揺れました。倒れるものが無かったのは幸いでした。

 その後余震を感じることなく外も落ち着きを取り戻しましたが、「東名通行止め」のニュースに絶句。酷暑の中大渋滞を覚悟して「磐田市竜洋昆虫自然観察公園」へ向かいました。朝のラッシュもあって、やっぱり道路は渋滞。予定の倍の時間がかかり、1時間かけて目的地に到着しました。公園自体はそれほど広くはありませんが、「ヘラクレス」や「コーカサス」といった大型のカブトムシやクワガタを初めて見たチビは大興奮で、普通のカブトムシを掴むことが出来るスペースでは、ずっとそこに張り付いて外へ行こうとしませんでした。長男も昔好きだったので、標本を時間をかけて見ていました。結局「暑い」「蚊がいっぱい」ということで、外での昆虫採集は早々に切り上げて早めに自宅へ向かうことにしました。もうひとつ予定に入っていた「富士山静岡空港」はまた後日ということに。

 11時に出発し、ひたすら国道1号線を東進。案の定大渋滞に巻きこまれて、道の駅ではやっとこ駐車スペースを見つけて食料を補給して食べながらの移動です。
結局16時過ぎに自宅に到着、130kmを5時間かけて帰ってきましたが。普段走ることの無い場所の風景を見たり、家族でいろいろな話をしたりと、それなりに楽しめたような気がしました。幸い自宅にも被害は無く、珍道中は何とかハッピーエンドでの幕引きとなりました。

0908111.jpg 地震発生10分後の海です。静けさが不気味でした。

0908112.jpg でもね、落ち着くと長男はPSP、チビはいつもの調子で朝から全開。

0908113.jpg 昆虫公園へ到着。ものすごい蒸し暑さで蚊がいっぱい(泣)

0908114.jpg ということで、早々に建物の中へ。エアコンが効いていて極楽極楽。

0809115.jpg 標本は長い時間をかけて見ていました。よっぽど珍しかったんでしょうね。

0908118.jpg 屋内なのにあちこちに川ガニが出現。けっこう立派なハサミでしょ?

0908116.jpg カブトムシを見つけると、何を言っても耳に入らないチビです。

0908117.jpg でも、作り笑顔はとっても上手になりました(爆)。







家族旅行③の予定でしたが・・・

 ある場所でこんな会話を耳にしたので、急遽記事を書くことにしました。
「今年は24時間テレビで誰が走るの?」
「イモトだよ。」
「だったら結構走るかもな。」
「でも、またボロボロになって、時間ギリギリでゴールっていう流れじゃないの?」
これを読まれてどう思われたでしょうか? 2年ほど前に「24時間テレビ」について記事を書き、たくさんの方々から貴重なコメントを寄せていただきました。番組に対するオヤヂのスタンスは、あの頃とまったく変わっていません。でも、毎年ランナー決定のニュースを観るたびに、「もういい加減にしたら?」と呟いてしまうんです。素人を100kmも走らせるなど危険極まりない行為だし、未だにチャリティーとの関連がどうにも理解出来ないオヤヂです。綿密なスケジュールの100kmマラソンを「スポーツ」と捉えるなら、なおさら番組はこの企画を再考しなくてはいけないと思います。

 では、「スポーツ」ではなく「イベント」としてだったらどうでしょう。走者は一躍注目を浴びて走り始めますが、やがて苦痛に顔が歪み足が動かなくなって、これ以上頑張れないという状況の中で沿道からはさらに「頑張れ!」の声援が浴びせかけられます。でも素人なんです、そして遠い遠い100kmなんです。完走すれば確かに本人は達成感はあると思いますが、この業界イベントが終われば過去の人です。昨年のエド・はるみさんも最近は露出が減っているように思います。しかも、
「このマラソンで考え方が少し変わりました。これからは福祉や介護にも目を向けて生きていこうと思います。」
こうコメントした走者が過去にひとりでもいたでしょうか?(もし「いたよ~」とご存知の方がいらっしゃったらご指摘下さい)。チャリティー本編とマラソンが、リンクしているようでまったくリンクしていないからでしょう。加えて今年は衆院選の開票番組との絡みで、ゴールの生放送は微妙だという情報もあります。

 「24時間テレビ」の翌日、決まって走者のドキュメンタリー番組を放送します。壮絶だし痛々しいし、オヤヂにはとてもその距離を走ることは不可能。単体で番組を制作すれば感動もあるかもしれない。ただ、走った後に走者本人と視聴者に何も残らなければ存在そのものに意味はなくなってしまうし、上述のある場所での会話で終わってしまうレベルのものでしかなくなってしまう気がします。
 自身が障害者だから偏った見方になっています。「24時間テレビ」と「100kmマラソン」を楽しみにしている方がいらっしゃったらごめんなさい。

夏の家族旅行②

 「掛川花鳥園」で大騒ぎして閉めは抹茶アイス。お昼はどこにする?と聞く前に、子供たちがマックの看板を発見してしまいました。1kmほど走ってマックへ。その後東名を西進して「航空自衛隊浜松基地広報館・エアパーク」へ向いました。台風が接近ということでしたが明るい曇り空、でもものすごい蒸し暑さでした。

 「エアパーク」は基地の敷地内(って言ってもずーーーーーーっとハズレですが)にあって、往年の戦闘機や武器・装備を展示する施設です。一度行ってみたいというオヤヂの希望が叶いました。しかも入場無料というのがウレシイ。
 もっとも興味のあるのはオヤヂだけで、カミさんとチビは中を少し観ただけですぐに外の遊具へ。長男は一応いっしょに回りましたが、何の反応も無くひたすらボ~ッと順路に従って観ているだけ。結局ひとりでくまなく観て回りました。鉄道やクルマと同じぐらい「空もの」も好きで、若い時は年中羽田や航空ショーに出掛けていました。「戦闘機」や「武器」が好きというと誤解されそうですが、ムダな贅肉を極限までそぎ落とした「美しさ・機能美」を感じるからです。「物体」としては究極の姿なんですね。そういうものに惹かれてしまいます。

 2時間観て回り(まだ観たかった)、チビは汗だく、カミさんはゲンナリ、長男は無反応・・・という不思議な状況の中ホテルへ。浜名湖が海と接する間近にホテルがあって、海側はその雄大な景色を楽しめ、反対側は新幹線と在来線が並走するのを楽しめます。今回は海側でした。テレビでは台風のニュースが頻繁に流れていましたが、夕焼けも見えたほど穏やかでした。でも、翌朝あの大地震が来ることなど、この時は想像もしませんでした。

09081818.jpg お出迎えは、地対空ミサイル「ナイキJ」。

09081816.jpg 中庭に鎮座するUF-104JA。オヤヂのボルテージは一気に上昇。

0908181.jpg 1FにはF-1支援戦闘機のエンジンパネルがはずされていました。この配管、メンテが大変そう。

09081813.jpg タラップが付いていてコクピットが覗けます。ウ~ン、感動。

0908182.jpg 同縮尺(1/32)の模型がズラリ。1機でいいからほしい・・・。

0908183.jpg 移動用航空管制システム。野外での航法援助を行います。

0908184.jpg 「ラインメタル」20mm対空機関砲。実戦配備はなかったようです。

09081817.jpg 操作部分。照準器、精度が良さそうです。

09081819.jpg ヘッドホンで戦闘機と管制塔の交信を聞くことが出来ます。

0908185.jpg いよいよ格納庫へ。ここから観るだけでもたまりませんわ。

0908186.jpg T-6練習機。初回製造は1930年代です。何となく「ゼロ戦」の香りがします。

09081810.jpg T-2高等練習機(ブルーインパルス仕様)。複座式になっています。カラーリングがカッコイイ。

0908188.jpg T-2の噴射口です。かなり複雑な造りになっています。

0908189.jpg F-86D戦闘機。1960年代の古い戦闘機です。

09081812.jpg 中庭にあったF-104Jの同型機。これまた1960年代の古株です。

09081814.jpg F-1支援戦闘機。1970年代になると、かなり近代的なスタイルになります。

09081815.jpg 零式艦上戦闘機「五十二型」。ゼロ戦の最終モデルです。

09081811.jpg V-107救難ヘリコプター。かなり大きいです。

0908187.jpg その内部。総員で14名が搭乗出来るようです。

09081820.jpg ホテルに到着。台風9号が迫っているのにこの夕焼けです。

09081821.jpg 弁天島の大鳥居がライトアップしたので、ベランダの手摺りにカメラを載せて撮りました。橋の向こうは遠州灘です。

写真をたくさん載せ過ぎました・・・。次回は「磐田市竜洋昆虫自然観察公園」です。














夏の家族旅行①

 昨年に続いて、急遽家族旅行が決まりました。旅行なんて大袈裟なものではなく、県の西部・浜松市や掛川市を回るドライブに毛の生えたようなもの。ただ、長男は来年の今頃は受験勉強だし、以降は家族旅行には同行しないかもしれない・・・。カミさんは「上げ膳据え膳」に憧れてノンビリしたいし、チビはとにかくどこでもいいからひたすら遊びたい。じゃ、オヤヂも好きなところへ寄らせてもらおうということで、コースを設定しました。

 1回目は長男のリクエストで、掛川市にある「掛川花鳥園」をご紹介します。台風9号の影響で家を出る時はバケツをひっくり返したような雨でしたが、西に行くに連れて雨は上がりました。ラッキー!!

 ここはフジテレビ系「ザ・ベストハウス123」でおなじみの、フクロウのポポちゃんが飼育されている施設です。正式には「アフリカオオコノハズク」というそうで、他にもフクロウや鳥たちが温室の中で放し飼いになっています。チビにはちょっとキツイかなと案じていましたが、何のことは無く広い園内をひたすら走り回っていました。フクロウのいる場所以外はエアコンも効いていて、それほどの混雑も無く、ゆっくりと見学することが出来ました。

0908101.jpg 温室の中は花がいっぱいです。

0908102.jpg さっそくペンギンに餌やり。チビはややビビリ気味。

0908104.jpg メンフクロウ。やっぱり昼間はお眠ですか・・・。

0908103.jpg アメリカワシミミズク。精悍な顔つきです。

0908105.jpg ベンガルワシミミズク。こちらもなかなかのイケ面。

0908106.jpg アフリカオオコノハズクのポポ&ココです。意外に小さい。

0908107.jpg こちらは鳥類ゾーン。すごい種類の鳥がいます。

0908108.jpg 熱帯性スイレン「クリント ブライアント」。100種類のスイレンが咲いているそうな。

0908109.jpg これは展示物ではありません(笑)。

09081010.jpg オウカンエボシドリ。

09081011.jpg オニオオハシ。このくちばしで突っつかれたら・・・。

09081012.jpg クラハシコウ。身長は150cmほどあります。

09081014.jpg 新種の生きものでしょうか? 好物は抹茶アイスだそうです。

次回は航空自衛隊浜松基地をご紹介します。












地震お見舞いありがとうございます

 今朝ほどの大きな地震、直後から安否を気遣うメールや電話をたくさんいただきました。本当にありがとうございます。家族は全員無事で、家も被害はゼロでした。

 実は昨日から家族旅行に出ていて、浜名湖畔のホテルに宿泊していました。部屋は7階で、結構な揺れがありました。しかも海岸線にほど近く、すぐに津波注意報の防災無線とサイレンが鳴り響きました。
 東名高速は通行止めだったので、国道1号線を休みながら150kmを約5時間かけて帰って来ました。どこもひどい渋滞でした。

 とにもかくにも全員が無事で何よりでした。大学時代の同級生やブログ仲間のみなさん、お知り合いの方々、本当にご心配をいただきありがとうございました。

夏は寝台列車

 東京発のブルートレインが消えてから4ヶ月、東海道本線は本当に寂しくなりました。「サンライズ出雲・瀬戸」がかろうじて面目を保っていますが、深夜・早朝の通過なのでその存在感は今ひとつです。
先週と今週の「週刊テツタビ百科」のテーマは寝台列車です。古い資料はいくらでもあるのに、最新の列車の情報には疎くて、書店で雑誌を物色していたら・・・。ありましたありました。「男の隠れ家」(朝日新聞出版)、「一個人」(KKベストセラーズ)の2冊。開いてみると、面白いことに両誌とも3大豪華寝台列車「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」の試乗記を掲載していました。読み比べる価値があると思い、さっそく購入。

 俗に「レイルウェイライター」と呼ばれる鉄道記事専門のライターから一般のライター、はたまた自称鉄ちゃんというお笑いタレントを起用したりと、まずは読者を食いつかせようとする意図が見えます。列車の特色や風景の紹介などは「今さら」ですが、鉄道用語を一切使わない「レイルウェイライター」に好感が持てました。本来鉄道専門誌でないことを意識しているのか、誰にでも分かる表現で列車を紹介していて、すぐにでも乗ってみたくなる衝動に駆られました。一方一般のライターは自身で調べたのか鉄道でしか用いない用語を使い、その度に説明を入れて文章の流れを悪くしている印象でした。少しばかり意識して背伸びをしてしまったのかもしれません。

 お笑いタレントの記事はひたすら「おーーーっ!」とか「スゲェ!!」の繰り返し。これはこれでいいのでしょう。もっとも本人は乗っただけで、別のライターが記事にしたかもしれませんが。3列車の紹介ということでページ数が限られているからかどの試乗記も駆け足で、それだけに「まとめる」という点で、「レイルウェイライター」に一日の長があったように感じました。

 局に出向くと、本番前に小坂Pからさらに雑誌のプレゼント。「書店で見つけたのでよかったら。私も買いました」と手渡されたのは「BRUTUS」(マガジンハウス)。表紙の見出し「ニッポン鉄道の旅」、「歴代寝台列車のヘッドマークシール付」に目が釘付けに。なかなか突っ込んだ企画で、鉄分が少しでも入っている人なら購入してしまうかもしれません。記事は一般のライターが書いた「北斗星」の試乗記。可も無く不可も無くといった内容でした。

 この時季は寝台列車なんでしょうか。3誌揃って同じ特集というのは本当に珍しいことです。新幹線よりも特急よりも、「寝台列車」「ブルートレイン」という響きは、旅情を掻き立てるのかもしれません。ただこの3列車の人気は高く、プラチナチケットと担ぎ上げられることでその購入はさらに難しくなっています。反面人気列車の陰で老体にムチ打って黙々と走り続けている寝台列車はガラガラ。何とも合点のいかない状況ですが、こうして記事になる度に「昭和生まれの寝台列車たちの運命は風前の灯」と危惧してしまうオヤヂなのです。

0908051.jpg


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。