久しぶりにラジオネタです

 相棒の番組「Ricky de Night」に毎月最終の金曜日にお邪魔していますが、その中で「オヤヂの目」と題したコラムを紹介しています。今夜は放送日だったので、さっそくご紹介したいと思います。

 <ふたつのオリンピック>

 4年に一度のスポーツの祭典「オリンピック」が、この夏北京で開催されました。トップアスリートたちの活躍に、世界中がテレビの前に釘付けになったことでしょう。日本選手団も期待通りの結果を残したり、そうではなかったり、はたまた無名選手がメダルを獲得したりとまさに悲喜こもごも。ソフトボールは未だに金メダル効果で、試合はいつも超満員が続いています。

 ところで、圧倒的な規模と華やかな「オリンピック」のあとに、もうひとつのオリンピックが開催されるのをご存知でしょうか。身体障害者のオリンピック「パラリンピック」がそれです。9月6日から12日間にわたり、各国から4千人のアスリートが参加して、同じ北京の競技場で開催されました。「パラリンピック」とは、平行の「パラレル」と「オリンピック」を併せた言葉で、「もうひとつのオリンピック」を意味しています。1988年のソウル大会から同一開催地となり、ようやくその存在が知られるようになってきましたが、少なくとも日本では残念ながら盛り上がりは感じられません。

 障害を抱えているとはいえ、アスリートたちのレベルの高さは相当なもので、どの競技を見ても並みの健常者の身体能力をはるかに上回っています。車椅子などの器具を改良したり体の使い方を工夫して、それを見ているだけでも「オリンピック」にひけをとらない迫力を感じます。
 また年齢も幅広いために、町内のおじいさんおばあさんという雰囲気の方がメダルを獲得する姿も妙に親近感が湧いてきて、表彰台に上がるのが決してスター選手ばかりではないことに、新鮮な感動を覚えました。

 それなのに、なぜこれほどまでにテレビ中継や報道量が極端に少ないんでしょう。「オリンピック」では連日連夜放送が途切れることはありませんでしたが、「パラリンピック」となるとスポーツニュースでメダルの数や獲得した選手を紹介するのみで、NHKでさえ週に1~2時間程度の放送しかされませんでした。この温度差っていったい何なんでしょう。

 「パラリンピック」の放送は、ひと握りにすぎない障害者の祭典としては、商業的に利益を生まないからでしょうか? プロ野球の記事に弾き飛ばされるように隅っこに小さくしか掲載されないのは、報道する価値に差があるからでしょうか? マスコミの思惑はどうであれ、報道量の少なさが「パラリンピック」の存在を軽くしたり、知名度を低くしているような気がしてなりません。

 毎年夏になると、某民放テレビ局が24時間のチャリティー番組を放送し、これでもかと言うほど「感動」「涙」という言葉を連呼します。多くのタレントが全国へ出掛けて行き、障害者とイベントに参加したり募金を呼びかけます。そんなテレビ局が「パラリンピック」の中継をひとつも行わなかったことに大きな矛盾を感じ、思いの丈を自筆の手紙にして送りましたが未だ返事はありません。

 ヨーロッパ各国では「パラリンピック」の中継を、ケーブルテレビを通じて連日放送したという記事が、あるタブロイド紙に掲載されていました。「オリンピック」も「パラリンピック」も同じでなくてはいけない、という考え方が根底にあるのだそうです。福祉が進んでいるヨーロッパならではの発想だと感じました。その福祉にさえ私利私欲の匂いがする日本に、そういう風が吹くのはいったいいつのことでしょうか。


 10月10日(金)から秋の番組改編により、放送時間が19時スタートに変更となります。また、自分が半年振りにレギュラーとして復帰することになりました。聴取エリアのみなさん、改めてよろしくお願いします。
スポンサーサイト

保育所の運動会に行ってきました

 毎日パソコンを開く度にため息です。なぜか更新する気が急に萎えてしまいます。もちろんみなさんのところへお邪魔する気力もなく、失礼千万なヤツであることを思いっきり自覚しています。どうしちゃったんでしょう。そのうち上向くことを期待して、今夜は頑張って更新します。

 20日台風一過の空の下、チビの保育所の運動会が開催されました。毎日いろいろな練習をしたことを話してくれていたので、さぞや張り切っていいところを見せてくれるんだろうと思っていたら、最初から最後まで泣き通し。入場行進は先生に手を引かれ、競走の時もず~っと大汗をかきながら泣いていました。人の多さに驚いているのか、はたまた音楽の音の大きさに驚いているのか。カミさんとずっと考えていました。

 カミさんといっしょにお遊戯をする順番が近づいたので、チビたちがいる応援席に出向いた時でした。
「(パパとママが)いっしょに座らないんだもん!」
と、いきなりチビが猛アピールしました。運動会の最中、ずっと自分たちといっしょに観戦出来ると思い込んでいたらしんです。それがいきなり離れ離れになったので、彼の頭の中はパニックになってしまったんでしょうね。同じ組のこどもたちも半分は泣いてましたから。

 8:30に始まった運動会は、10:30には出番が終了。一足先に帰ってきましたが、ご褒美にもらった「アンパンマン」のメダルとお菓子を手にすると、いきなりの破顔一笑に。
「来年に期待しよう・・・。」
カミさんと顔を見合わせてながら、暑さも加わってぐったりの半日でした。

0809212.jpg
開始早々に大泣きのチビ。入場行進もまともに出来ません。

0809211.jpg
台風一過、暑かった・・・。こどもたちも親御さんも汗だくでした。

0809213.jpg
せっかくのミッキーの帽子も台無し。本人はそれどころではなかったでしょうけど。

0809214.jpg
それでも健気に競走に参加しました。ちょっとウルウルした瞬間です。

0809215.jpg
やっとお役御免。アンパンマンのメダルがうれしそうでした。

 みなさんのところにコメントを残せないので、しばらくコメ欄を閉じることにします。すみません。

親ならもうちょっと考えようよ

 先週長男の所属する野球部を記事にしました。その時車出しをした自分は初仕事だった訳ですが、1年生は5名しかいないのに加えて、土日不定期で仕事をされている親御さんが2家族いるので、多い時は3回に1回は車出しの当番が回ってきます。いろいろな条件の下で生活しているのですから、それは仕方のないことです。子供たちが好きな野球を目いっぱい出来るように、親同士協力し合っていかなくてはなりません。自分も祝祭日は通常出勤だし、足がこのような状態なので・・・。

 でもね、「対応出来ないから終わり」は子供の社会では通用するかもしれませんが、「何もしなくてもいい」ということにはならないはず。限られた条件の中で自分の出来ることを見つけて参加する、これが親として大人としての対応ではないですかね。

 先週いっしょに車出しをしたS君のお母さん、
「私は好きだから、当番じゃなくても行ける時はグラウンドに顔を出します。だから、ギターオヤヂさんはお茶出しとかは気にしないで下さいね。」
竹を割ったような性格で頼りになる方です。それだけに曲がったことを放ってはおきません。今日も遠征があり、遠距離だったので2年生の親御さんがマイクロバスを仕立てて下さいました。たまたま仕事が休みだった1年生の親御さんが車出しをすることになっていましたが、マイクロバスになったのをいいことに現場へ行かずに、お茶出し当番を2年生の親御さんがやることになってしまいました。それを目の当たりにしたSさんが、当番だった親御さんに連絡。すると、
「え、お茶出しに行くんですか? 行ける人にやってもらえると助かるんですが・・・。Iさん(土日お仕事のもう一方の親御さん)と相談してみます。」
「当番だからグラウンドに来るのは決まりなんですよ。仕事なら前もって言ってくれれば対応出来たけど、今日は来ることが出来たんですよね。それから、Iさんと二人だけで決め事をするのは遠慮して下さい。1年生は5人いるんですから、何かあった時は全員で話し合いましょう。」
とSさん。ごもっともです。
 こんな経緯をSさんから聞いた自分たちはビックリ仰天でした。4月の最初の父母会で引継ぎされた事項で、その場にも同席していたはずでした。それなのに・・・。

 出来ないことははっきりと伝えて協力を依頼する。その代わりそれ以外のことで何か手伝うことの出来ることを見つけて、出来る範囲内で協力をする。これが最低限のルールではないかと思います。お茶の容器やコップを当番に代わって洗うとか資料作りを手伝うとか、探せば仕事はあるはずなんです。

 うちもカミさんが行ける時は問題ありませんが、自分が車出しをする時はどなたかにお茶出しをお願いしなくてはなりません。その代わりカメラを持参して、選手たちを1日中追いかけます。少年野球に関わっていた時と同じスタンスで参加をしています。他の親御さんからはどう思われるかは分かりませんが、何らかの形で参加したいという自分への拘りなんですね。
 親としての自覚云々よりも、たった5人なのになぜこんなに話が拗れるのかと、そのことに唖然とした1日でした。

新体制の野球部黒星発進

 昨日、新体制となった長男の所属する野球部が新人戦に臨みました。車出しの当番だったので自分も観戦。久しぶりに撮影もしました。グラウンドには入れなかったので外野のフェンス越しに撮影をしましたが、やっぱり遠かったなぁ。

 先週は2年生の調子次第では、長男の先発も予定されていました。ところが全員上り調子で、すべて2年生のオーダー(9名ぴったり)となりました。確かにサブグラウンドでの練習の時に見た感じでは、みんな動きが良くて期待しちゃいました。

 ところが試合が始まると、緊張からか動きがギクシャクしてしまい、牽制で刺されたり凡フライを落球したり・・・。バッティングも追い込まれてから難しいボールに手を出して、チャンスを作ることが出来ません。3回までに0-3と劣勢。その後相手チームのミスに乗じて1点差まで挽回しましたが、最終回に2点を献上して結局2-5で初戦を落としてしまいました。
「あれだけミスすれば勝てないよな。」
キャプテンの親御さんが苦笑い。でも、逆にミスをしなければ底力のあるチームのように見えたので、火がついたら面白いことになるかもしれません。

 シニアチームではない部活の野球です。まずは楽しんでプレーしてほしい・・・です。

0809071.jpg
キャプテンのレフトオーバーの2塁打。いい打球が飛ぶ時は、きれいなフォームです。

0809072.jpg
2塁手今井君のタッチプレー。捕手との連係でもちろんアウトにしました。



 夜は我々「F&R]が11月にライブを行う「カフェ・グリューン」で、以前いっしょに活動を行ったことがある鈴木収一郎さんのライブに出掛けました。8年ぶりの再会に、始まる前から二人して大盛り上がり。ピアノの弾き語りによる1960~70年代の国内外のポップスをメインに、相変わらず楽しいトークも交えての90分でした。第2部の最初ハプニングが!! 「竹田の子守唄」を歌おうとした矢先、
「ギターオヤヂさん、いっしょに歌いませんか?」
と、突然声を掛けられました。
「実は懐かしい友人と再会しまして、今もギターを片手に精力的に活動を続けています。」
こう紹介されて、引っ込みがつかなくなってしまいました。何とか無事に歌うことは出来ましたが、いきなりは心臓に悪いです。その代わり11月のライブをしっかりコマーシャルさせてもらいました(笑)。

 音楽を通じての仲間、いやレベル的には足元にも及ばない先輩です。以前と音楽に対するビジョンがまったく変わっていなかったのが何よりうれしかったです。いい刺激を貰うことが出来ました。

3年生お別れバイキング

 8月31日、中学校野球部の3年生が引退したために、チーム全員と父母によるお別れ会が行われました。会場は車で1時間弱の「中伊豆ワイナリーシャトーT.S」。伊豆にある唯一のワイナリーです。マイクロバス2台の後ろには自分のレガシィ、カミさんやチビも参加したのでマイカーでの参加となりました。

 風光明媚な高台の一角に白い建物があり、それを取り囲むようにブドウ畑が広がっています。恥ずかしながら訪れたのは初めてです。だって、飲めませんから・・・。
 食べ盛りにはバイキングが1番! 12時からの2時間、着くや否や選手たちはものすごい勢いで皿に盛っては食べ、なくなればまた盛って食べるの繰り返し。とにかく3年生の食べ方は半端ではありませんでした。父母たちはビールやワインの飲み放題で盛り上がり、飲めない自分は隅っこの方で静かにひたすら食べてました。

 宴もたけなわ、3年生に記念品を渡す際にひとことがあるのですが、ほとんどの選手が口にした言葉が「受験」。監督は、
「みんな気持ちの切り替えが早いなぁ。オレなんてこの間の中体連の試合のことが、まだ頭に残ってるのに。」
と苦笑いしていました。でも、これからが本当に大変な時。受験生となって、しばらくは苦しい時期を過ごさなければなりません。あとに続く選手たちも大変です。2年生13名、1年生は5名しかいません。来年次第では県へ登録出来る11名に満たない可能性も出てきます。さっそく新人戦が6日にあります。長男が試合に出るそうですが、またハラハラドキドキする時期がやって来ました。

 食事が終わった選手たちは、お互いに記念撮影をしたりふざけ合ったりと、あどけない姿も見せていました。広い場所ではチビも本領発揮、カミさんはいつものように追っかけ回して、ろくに食べることは出来なかったようです。

0808312.jpg
久しぶりに晴れ渡った空に、白い建物が映えます。しかし暑かった・・・。

0808313.jpg
レストランからは、ブドウ畑が一望出来ます。

0808314.jpg
満腹になれば次は大暴れ(?) 写真を撮ったりふざけ合ったり、実に楽しそうでした。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。