公開放送なんて何年ぶり?

わが町内にある大型ショッピングセンター内に、SBS(静岡放送)のサテライトスタジオ「リスパ」があります。毎週土曜日の11:00-12:55に「ラジオEAST」という番組を放送しています(リッキー's ブランチと見事に被っています)。29日の放送は、県内東部のコミュニティーFM3局の看板パーソナリティーが、早押しクイズバトルに挑戦するというもの。「ボイスキュー」からは、我らが小坂Pがエントリー。このために「リキブラ」は27日に収録を行ったんですから。

番組開始と共に、相棒と応援に駆けつけましたよ。実はもう一つの理由があって、先週の「やまぼうしライブ」でお会いした鈴木通代アナが、番組の統括責任者としてみえていたからです。記事の最後に「ラジオ絡みの新しい企画」と表記しましたが、終了後にそのイベントの概略を伺うことになっていました。ご挨拶に向ったところ、先に手を振られてしまいました。

12時少し前に各局のパーソナリティーが集合しました。「コーストFM」(沼津市)からは神田あや乃さん、「ラジオF」(富士市)からは伊藤慶さん、そして小坂真智子Pが司会のお笑い芸人さんのツッコミにも負けず、静かに闘志をメラメラ・・・。
場所が場所だけに、クイズが始まると客席は立ち見も含めて黒山の人だかり。中にはオッカケ風のお兄様方もチラホラおりました(怖)。
問題はそれぞれ放送局のある土地にちなんだもので、それでも他の場所のパーソナリティーさんが答えたりすると会場は大盛り上がり。応援メッセージを送っていたので、「リキブラ」の我々も番組内でしっかり紹介していただきました(笑)。
小坂Pは1問目を正解したもののそれ以後はひと休みで、伊藤Pがダントツの正解率でトップを独走。その後サービス問題や神田Pのボケ回答などがあり、最終問題を前に伊藤Pが4点、神田Pが3点、小坂Pが2点。最終問題は3点が与えられることになり、3人の形相が一変しました。

0803292.jpg

顔は笑ってますが、内心は闘争心メラメラの3人

その問題というのが「アナウンサーの教科書として使われる『ういろう売り』の話、さてこのういろうとは何でしょう?」というもの。すかさず伊藤Pが「羊羹!」でブーッ、神田Pが「名古屋名産!」と答えてブーッ、小坂Pが「漢方薬!」で同じくブーッ・・・。なんで漢方薬?
「問題の出し方がよくないぞ、これ」と相棒がひとこと。ホント、自分も名古屋名物かと思っていました。
その後回答がどんどん違う方向へ逸れて行き、ステージ上はもうグダグダ。司会者が「ヒントです。薬は薬なんですが、どこに効果があるでしょうか?」と、もう半ばヤケクソ気味。すると伊藤Pと小坂Pが同時にボタンを押しました。司会者が迷っているとすかさず小坂Pが、
「私が先に押しましたっ!!」
と、伊藤Pと司会者を威嚇したもんだから、すんなり回答権を得て「喉!」。見事優勝を勝ち取ったという訳です。進行はズルズルでしたが、ラジオ的には成功だったんじゃないでしょうか。その後優勝のご褒美にスタジオに入って、メーン・パーソナリティーの石島さわかP相手に、「ボイスキュー」の紹介を5分ほどさせてもらっていました。

0803293.jpg

メーン・パーソナリティー石島さわかさん(左)とトークを交わす小坂P

さて放送終了後、スタッフの一人が出てきて、相棒に向って「先生」と声をかけました。この方、以前相棒が出演していた番組のディレクターだった荻野さんという方で、この「ラジオEAST」でもディレクターを担当されていました。
「鈴木(アナ)から話は聞いています。枠を設けますので、ぜひ歌ってもらえませんか?」
というのが、「ラジオ絡みの新しい企画」です。この番組の最中、10~15分ほどの枠の中で歌うことになりました。しかも当然生放送です。5月以降の土曜日ということで、これから日程調整に入ります。実現すれば、静岡県全域にオヤヂバンド「F&R」の演奏が流れることになります。エライことになりました。
「こんなんですけど、少しは楽しんでもらってます?」というような気楽な雰囲気で参加させてもらいたいのですが、反面「あ、もう来なくていいっすから」と言われないように、存在感だけはしっかりとアピールしたいと思います。次回こそ参加を約束して下さった鈴木アナと共に、この荻野さんも「第2回やまぼうしライブ」にお招きすることにしました。我々のいっぱいいっぱいのレベルを聴いていただきたいと思います。日程が決り次第インフォメーションしますので、お近くの方々はぜひ冷やかしに足を運んで下さい。

蛇足ですが帰り際に、何人かの方から「リキブラ、いつも聴かせてもらってます」と声をかけていただきました。うれしかったです。ありがとうございます!
スポンサーサイト

再びズーラシア

1月にカミさんとチビを連れて「よこはま動物園ズーラシア」へ行ってきたことは、以前読んでいただきました。帰宅早々長男から言われました、「オレもオカピ見たい」。「じゃ春休みに」と約束していたのと、4月6日でキンシコウが展示終了となり中国へ還されるために、もう一度見ておきたいということで、先日再び出掛けてきました。

前回は真冬の平日だったので閑散としていましたが、今回はたくさんの親子連れが楽しんでいました。相変わらず変わり映えのしない写真ですが、我が家のオッパッピーな1日をご紹介します。

0803251.jpg

入園して15分後にはさっそくアイスクリームをパクつきました。まあ、オヤヂや長男も賛成したんですから、カミさんもシブシブOK・・・。

0803252.jpg

今回はしっかりと姿を見せてくれたスマトラトラ。でも、トラって草食動物でしたっけ?

0803253.jpg

ライオンは相変わらずでした。腹具合もいいし、日差しも暖かいし、無理もないですかね。

0803254.jpg

前回撮影出来なかった、霊長目のドゥクラングールです。頭部の毛並みと彫りの深い目が印象的ですね。

0803255.jpg

これは展示動物ではありません。カミさんと長男がポッキーを食べてます。

0803256.jpg

これまた前回爆睡していたシロクマが、この日は活発に行動していました。同じ時間帯だったのに、やれば出来るじゃん!って感じでした(笑)。

0803257.jpg

12年間展示されたキンシコウ。調査終了ということで4月6日に展示を終了し、翌日から帰国のための検疫に入るそうです。今回は子どもを撮影することが出来ました。カワイイ!!

0803258.jpg

まずじっとしていないヤブイヌ。中をウロついたり仲間とイタズラをしたり、見ていて飽きることがありません。

0803259.jpg

長男のお目当て、オカピと再会。「思っていたよりデカイ」と、10分ほどその場から動きませんでした。

08032510.jpg

今回チビに一番ウケたのがこのアカカワイノシシ。何となく見慣れた姿ですが、アフリカにしか生息していないんだそうです。

08032511.jpg

来園者が撮影したキンシコウの写真を募集していたので、オヤヂも前回撮影したものを送ったところ・・・。無料休憩所「ころこ広場」の一画に展示されていました(最下段右端)。

08032512.jpg

園内は陽光という種類のサクラが5分咲きでした。ソメイヨシノよりもピンクがかって、満開になったら見事な景観になるはずです。

08032513.jpg

出口近くに、水が静かにつたい落ちる壁があります。さすが兄弟、年齢は離れていてもやることは同じです。

午後4時少し前に「ズーラシア」を後にしました。夕食は自宅付近に戻って外食ということになっていたので、少し早いかなと思っていました。ところが、東名厚木I.C付近で大きな事故があり大渋滞。子供たちはゆっくり居眠りが出来たし、カミさんは海老名S.Aでゆっくり買い物が出来たし、夕食は6時半といいタイミングに。オヤヂは・・・言うまでもなく帰宅後撃沈でした~(笑)。

「夢楽団」初ライブが終わりました

昨年3月に沼津市内で行った「夢楽団」の旗揚げ公演から1年、名実共にNPOとして活動をスタートさせましたが、定期的なイベントとして位置づけた第1回目のライブを、昨日静岡市内の喫茶店「やまぼうし」で行いました。「子どもへの虐待防止」「子育てについてのよもやま話」というテーマを掲げ、井戸端会議的な肩肘張らない内容で進めよう、それぞれの音楽観を感じてもらおうというのがコンセプトでした。結果から言うと、音楽的には楽しんでいただけたという実感はあるものの、トークの部分で我々が伝えなくてはならなかった内容に、相当の甘さというか煮詰めきれなかった部分が露呈してしまった感があります。これは、次回に向けての大きな課題になりました。

お客様は25名、ほぼ予定していた人数でした。ほとんどが理事長のズィズィ鈴木氏のお知り合いや、相棒絡みで保育園の園長先生や保育士の方々、シチューパンさん一家も遠路はるばるお出で下さいました。あと「やまぼうし」の常連さんも2名ほど。

進行はズィズィ鈴木氏にお任せしてありましたが、「夢楽団」の紹介がないままにいきなり「ズィズィ鈴木&MaYu」ライブがスタート。3曲を挟みながら「子ども虐待防止センターしずおか」のセンター長だった頃の虐待の実話、嫌いだった父親の話、娘の結婚と孫の話と続きました。グランプリを獲得したオリジナルの「Abuse」、「おやじ」はさすがに聴き応えがありました。長年ユニットを組んでいるキーボード担当のMaYuさんとの呼吸もピッタリ。「赤い鳥」の「竹田の子守唄」も安心して聴くことが出来ました。
0803231.jpg

ズィズィ鈴木&MaYu

ところが次のプログラムの童話の朗読を担当する、静岡放送の鈴木通代アナウンサーが来ない。聞けば新番組の収録が押していて遅刻するとの事で、この辺りから少しずつ流れが変わってしまいました。結局「ズィズィ鈴木&MaYu」のステージを延長し、性格判断的なアンケートをお客様に配布して井戸端会議のきっかけにしたかったらしい(実は自分は知らなかった)のですが、主旨が伝わらず流れ的に「F&R」の出番となりました。
0803232.jpg

アンケート記入中のお客様

実際相棒も、開始前は少しばかり持ち時間の中身について悩んでいる部分がありました。壮大な「子育て」というテーマのどこを切り取って、歌を含めた30分の中にはめ込むか、「歌のおまけ付き教育講演会」や「リッキー's ブランチ」の延長でいいのか。ふたりで概略は固めたものの、お客様の年齢層や井戸端会議というサブテーマが目の前に見え隠れして、もうひとつ絞りきれていなかったのは事実です。結局全体の雰囲気を見て進めることに決め、ライブに臨みました。

内容的にはいつもの講演会で相棒が1番伝えたい部分をダイジェストで紹介したり、我々の活動そのものを知っていただきたいためのインフォメーションが主でした。その中で「ジョニーの子守唄」「時代」、初めてお披露目した「吾亦紅」を歌い、静かに聴いていただきました。ここで一応の演目は終了しましたが、相変わらず鈴木アナの姿は見えず。ここでズィズィ鈴木氏の指示で「案山子」を追加し、トータルで45分の出番となりました。

終了予定の17時に撤収を始めることが出来ましたが、気持ちの中に消化不良的な感覚が残っていました。生意気な言い方ですが、長いこと歌わせていただいていると、いつの間にか自分の中でひとり反省会を開いています。今回確かに音楽については手応えはあったし、お客様にも喜んでいただけたと自負していますが、全体的な流れや「夢楽団」としての色が出ていたかと振り返ると、限りなく「?」が続きそうな感覚が残りました。撤収後簡単な反省会を行いましたが、「何となく」進めてしまったという部分があり、大きな問題として提議することも大事だが、限られた時間内でどこに的を絞るのかが明確ではなかったと反省しました。

・司会者を設けなかったことで、全体的に芯(メリハリ)がなかった
・「夢楽団」て何者?
・井戸端のつもりが、楽屋落ちになっていた
・「何を伝えたいのか」というコンセプトが見えてこなかった
・「聴衆参加型」のはずが、一方的なスタイルで行われた


事実お客様からも厳しいご意見を頂戴しました。
「参加型でないのなら、せめてアンケートを置いて、その日の聴衆の思いに耳を傾ける姿勢があると、こちらも思いを持って聞いた分、思いを返せると思います。」

「この活動の立ち上げの顔見世的な会だった思うのですが、内容も欲張りすぎです。それぞれが2時間喋ってもいいような内容を、あの時間でこなすと伝わらないものが出てきます。」

まさにその通り、ひとこともありません。猛省しなくていけません。相棒も「単なる<思いつき>や<ノリ>だけでは 継続はできない」と言っていました。次回に向けて、大きな課題が残りました。
今回は初回ということでそれぞれの知り合いに声をかけたため、虐待や子育てと関わりのある年齢層とはかけ離れてしまいましたが、その点だけはご容赦いただきたいと思います。
既述の問題点と併せ、客層についても一考する必要があります。

撤収後、収録を終えた鈴木アナが平身低頭で登場。ラジオ局の副部長さんですし、春の番組改編でドタバタなのは重々承知です。しばらく雑談の時間を過ごしましたが、その中でラジオ絡みの新しいイベントのお話をいただきました。それはまた後日ということで・・・。
0803233.jpg

左から リッキー ズィズィ鈴木さん リッキーの奥様 鈴木通代アナ MaYuさん MaYuさんのお母様

ズィズィ鈴木氏から我々の写真が届きました。あまり載せたくはないんですが・・・。
0803234.jpg

復職日が決りました

ご無沙汰しています。お休み中にも関わらず、いつもご訪問ありがとうございます。

ご報告です。先週会社から連絡があり、復職日が4月21日に決りました。3月21日からでも可能でしたが、体調が本調子でないことや生活のリズムを元に戻すにはあまりに時間が短かったことで、主治医と相談して1ヵ月後の復職をお願いしたところ受理されたものです。部署は希望していた通り、発症する以前の職場に戻れることになりました。業務内容は変わりますが、知り合いばかりなので助かります。

まるで先が見えない状況から一転目標とする日が決ったことで、それに向って調整することが可能になりました。これは精神的にとても大きなメリットになります。カミさんも長男も喜んでくれました。
みなさんからもたくさんの「拍手」や応援のメッセージをいただき、本当にうれしく思っています。1行でも2行でも、ゆっくりペースで更新していくつもりですので、これからもよろしくお願いします。

まずは、23日(日)のNPO法人「夢楽団」主催の初ライブに向けて集中しようと思います。

ブログを休もうと思います

やはり体調が良くありません。2月中旬ぐらいから、変調を感じるようになりました。毎晩0時には布団に入るようにしていますが、長い時は2時間ほど眠りに就くことが出来ません。あっちへ転がりこっちへ転がり、チビの寝顔をしばらく見ていたり、あれこれ考え事をしてみたり・・・。処方されている薬は継続して服用していますが、その効きめも少し弱くなっているようです。

日中は調子のいい時とそうでない時の差が大きく、悪い時は目と目の間がモヤモヤするような感覚があります。食欲も落ちましたがまったく食べられない訳ではないので、ごはんの分量を減らす分野菜を中心に食べるようにしています。減量には好都合かもしれません(笑)。

原因は復職について、先がまったく見えないことへの不安からだと思います。昨年末に会社から復職許可の連絡が届き、それからの1ヶ月は体調もすこぶる良好で、心の準備についても少しずついい意味での緊張感が高まってきていました。
それが未だに復職する日にちが決っていません。主治医が診断書に記載した「職場環境が整えば・・・」という条件がクリア出来ないのだそうです。会社も慎重に復職の機会を探ってくれてはいると思っていますが、期日のない待機は正直辛いものがあります。維持していた緊張感も今では萎えてしまいました。この状態で「10日後から、或いは2週間後から復職せよ」と連絡が届いても、対応出来るかと問われれば正直その自信はありません。

このような状況が続いているので、最近「書くこと」、「読むこと」が少しだけ億劫になってきました。集中出来ないというのが正しいかもしれません。パソコンを開けても行うのはメールのチェックぐらいで、NETに繋ぐことがほとんどなくなっています。自身のブログの更新ペースも遅くなりましたし、みなさんのところへお邪魔することもなかなか出来なくなっています。自分がコメントを残しもしないのに、自身の記事にコメントを下さいなどと考えるのは、本当に失礼で厚かましいことで自分らしくないと思いました。

それならば少しだけブログを休もうと決心した次第です。ここまで続けて来られたのは、みなさんからの温かいコメントの積み重ねです。ですから、決して幕引きをすることは考えてはいません。この先も大きな節目やイベントがある時などは、記事にしていきたいと思っています。

幸い現在取り組んでいる「歌付き教育講演会」、「NPO夢楽団」、「リッキー'sブランチ」に」関連する作業は、どれも佳境に入ってきているので楽しく関わっていられます。特にラジオ番組は、4月の改編で守備範囲が広くなったり担当時間が長くなる可能性もあることから、一層勉強をしていかないと対応出来なくなってしまいそうなほどです。

まずは体調を戻して、ブログに向き合えることを楽しみに思えるようになるまでお休みします。スポット的な告知をさせていただいた時は、また読んでやって下さい。駄文を最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。みなさん、くれぐれもお体にご自愛下さい。

友達っていいな、やっぱり

先日<お知らせ>で記載しましたが、ブログフレンドのシチューパンさんと副社長さんが三島に来て下さり、「リッキー'sブランチ」にゲスト出演をしていただきました。ブログフレンドという洒落た言い方は適切ではなく、シチューさんとは大学の同級生、しかも同人誌を立ち上げた時の大切な友達です。副社長さんとの繋がりは確かにブログなんですが、これまでに2度お会いして限られた時間の中で、出来るだけたくさんのお話をさせていただきました。今回のゲスト出演は自分の要望に快諾下さって実現したものです。

三島駅でお出迎えをした後、「ボイスキュー」へ。改めて相棒のリッキーやディレクターの小坂Pと挨拶を交わし打ち合わせが始まると、お二人はやや緊張のせいか言葉少なに。
午前11:30番組スタート。シチューさんのブログをよく読まれているkieさんからのメールをご紹介して、さっそくトークが始まりました。シチューさんは中学校の教諭をされているので、相棒が取り上げた新しい学習指導要領について、実に的確で熱い受け答えをされていました。現場で様々な問題に遭遇されているので説得力がありました。

一方副社長さんは「カミカミだったらどうしよう」と心配されていましたが、学習指導要領の芸術面について振られると、何の何の堂々とご自身の意見を話されていましたよ。曲の紹介もまったく問題なし。万が一言葉が出てこなくなった時にと構えていましたが、まったくの徒労に終わりました。

あっという間に30分は終了。するとやはり友達のあきはさんが、お二人にお土産を持って待ち構えていました。あきはさんとシチューさんは、お互いのブログを行き来されている仲。初対面にしばし歓談が続きました。
その後お二人、リッキー、そしてカミさんとチビが合流して昼食。そのまま拙宅に来ていただき、夕方まで取り留めのない話で盛り上がりました。チビは副社長さんにすっかりなついてしまい、絵本を読んでもらったりと長い時間遊んで下さいました。副社長さん、ありがとうございました。

大したお構いも出来ませんでしたが、帰ってきた長男と会っていただいた後、後ろ髪を引かれる思いで三島駅までお送りしました。実に楽しい1日を過ごすことが出来ました。あまり調子が上がらない体も、この日だけは疲れ知らずでした。こんな言い方をしてしまうと失礼かもしれませんが、気を遣わない友達って理屈抜きで楽しいし何でも話せるし、別れてもすぐにまた会いたいと思ってしまいます。シチューさん、副社長さん、イヤでなかったらまた遊びに来て下さいね。

0803081.jpg

本番中のスタジオです。曲がかかっている最中なので全員無防備状態ですが、副社長さん(左)やシチューパンさん(中央)は、ややお疲れの様子?

0803082.jpg

本番終了後、あきはさん(左)や小坂P(右)と歓談。副社長さんやシチューパンさんも、ようやく緊張から解放されたって感じです。

ガンダーラ美術とバーミヤン遺跡展

3日に歯医者へ行ってから歯痛が続き、体調も少し悪かったせいでしばらくパソコンも開けられない状態でした。申し訳ありません。歯痛の方は治まったので、今日から少しずつ復活します。何十年かぶりに歯痛を経験しましたが、何もやる気がなくなってしまいますね。

0803051.jpg

0803052.jpg

そんな中、昨日静岡県立美術館へ「ガンダーラ美術とバーミヤン遺跡展」へ出掛けてきました。昨年開催CMを見た時から行きたいと思っていたイベントです。相棒と出掛ける予定でしたが、急用が入り隣接する県立大学へ。オヤヂひとり2時間、たっぷり美術展を堪能してきました。

110点ほどの出展があり、内外国のあらゆる場所から所蔵する美術品を集めて行われました。平日にも関わらずかなりの入場者があり、関心の高さを感じました。当然のことながら撮影は禁止、残念でした。
1番驚いたのは、坐仏像や仏頭が千年の時を経てもほぼ完璧な形で保存されていること。発掘の際の赤茶けた土がそのままついているのには感動しました。表情も「静穏」そのもの。何とも言えない温か味が伝わってきました。でも、ひたすら出てくる言葉は「すげぇ」だけ。

バーミヤン渓谷にあった壁面に掘られた東西大仏は、2001年にイスラム原理主義組織「タリバン」によって破壊されたのは記憶に新しいところです。まだ無事だった頃の写真が数十点展示されていましたが、何とももったいないことをしたもんだと思いました。ただ遺跡の重要性は先進国ならでは感覚で、現地の人々にすれば何ら利益をもたらすことのない無用の長物であるとの記載がありました。そうだったんだ・・・。現在はドイツの文化財保護団体が、残った足元の保存作業を行っているそうです。

会場を2往復してたっぷり美術展を堪能した後、ひと仕事終えた相棒と合流。その足で昔よく行ったというネパール料理の店「ヒマール」へ連れて行ってもらいました。店内は現地の子供たちの写真で埋め尽くされ、民芸品も所狭しと並べられていました。オムカリーセットとヨーグルト系の飲み物ラッシーを楽しみました。

最後は、今月から毎月1回NPO「夢楽団」が主催する子育て支援ライブを行う、喫茶店「やまぼうし」の下見をしました。フロアーはなかなか広く、後方にはギャラリーもあるお店。ただ音響設備を使うか否かはむずかしい広さなので、これから相棒と検討します。

体調の悪さがピークになり、帰り道はどこを通ってきたか憶えていないほど。薬を飲んでチビと一緒に9時には布団に入りました。まだ、みなさんのブログへなかなか遊びにいくことが出来ませんが、どうかお許し下さい。

<お知らせ>
3月8日の「リッキー'sブランチ」は、ゲストにブログフレンドのシチューパンさん、副社長さんをお招きして、ライブ放送での30分です。聴取エリアにお住まいの方、ぜひお聴き下さい。

新旧交代

3月になりました。何かと「別れ」という言葉が付いて回る季節です。長男は小学校を卒業します。そして先日の記事でも書きましたが、あと2週間で老舗寝台列車が幕引きをします。さびしい、悲しいとばかり言っていないで、ひとつの区切りとして次のステップのスタートにしたいものです。

鉄道ネタを書いたからではありませんが、久しぶりに東海道新幹線を撮影してきました。

0803011.jpg

500系  登場時は時代の先端をゆくスタイルが話題になりましたが、そのシワ寄せが居住性に影響を与え、「狭い」「息苦しい」という不評が相次いだために、順次「N700系」に置き換えられる予定です。

0803012.jpg

700系  「のぞみ」として一番活躍している車両です。こちらも「500系」に負けず劣らず、登場した頃は斬新なスタイリングに目が釘付けになりました。

0803013.jpg

N700系  最新型の新幹線車両。オヤヂも初めて撮影しました。「700系」よりもはるかに長いノーズを見ると、東海道では最高速度が270km/hまでしが出せないのがもったいなく感じます。走行音もかなり抑えられている印象でした。

0803014.jpg

300系&700系  新旧すれ違いの瞬間。「300系」も今では「こだま」運用がメーンで、新幹線としては「各駅停車」の憂き目に遭っています。車内は広いので、まだまだ重用されるかもしれません。

<共通データ>
Nikon D300  TAMRON 18-250mm
三島~新富士間
もう少しスローシャッターで撮れば、もっとスピード感が出ましたね。反省っ!!
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。