今年も・・・

カブトムシが無事成虫となりました。7匹中6匹が先週一気に成虫になり、慌ただしく別のケースに新居を用意しました。内訳はオス2匹、メス4匹です。栄養が良かったのか、どの個体も大きくて色も赤味がかった茶色をしています。昨年と比べると2週間も早いんですよね。あと1匹の消息が不明ですが、外へ出るタイミングを見計らっているのか、それとも羽化がうまくいかなかったのか、いずれにしても待つことしか出来ません。

ここ数日は夜の気温が低いためか羽音を唸らせて暴れることはせず、土の中で大人しくしています。毎年思うことですが、クニャクニャしたイモ虫が硬い鎧と強靭な手足を持った体に変身する訳ですから、本当に命って不思議だなってしみじみ感じます。

1435576807578.jpg  1435576829977.jpg  1435576862396.jpg





スポンサーサイト

今年のカブトムシ

1週間のGW休暇も今日でおしまい。また明日から忙しい日々が始まります。その最後のイベントだったのが、カブトムシの土の交換でした。今は幼虫としての最終段階で、早ければあと2週間ほどで蛹化が始まります。その証拠に均してあった土の表面がボコボコになっています。これは、自身が蛹になるために最適の場所を探す「ワンダリング」という行動です。これが始まると一度土を取り出し、底から10センチほどまで土を湿らせて押し固めなくてはなりません。こうすることで蛹になるための小部屋が作りやすくなります。逆に固めないと崩れやすくなって蛹化不全で死んでしまう確率が高くなるんです。

現在7匹の幼虫を飼育していて、大型4匹をAグループ、中型3匹をBグループという具合に2個のケースに分けてあります。ケースをひっくり返すと、Aグループの4匹は一段と巨大化していて、体全体が黄色くなっていました。これも蛹化が近い兆候です。Bグループの成長も順調でした。新しい土にカルキ抜きした水を入れた後にケースの中で押し固めて幼虫を投入、その上からこれまでの土を篩いにかけて元通りの高さに戻して終了。あとは7月上旬ぐらいまでひたすら待ちます。黒い紙でケースを囲むと外側に面して部屋を作る確率が高くなって、蛹→羽化という神秘的な変態を観察出来るかもしれません。全部無事に成虫になりますように!

*画像の拡大にはご注意を!

1505052.jpg 1505051.jpg
写真左がAグループ

今年も無事に

ようやく土の中からカブトムシが出てきました。今年は8匹を飼育してきましたが、7月5日に1匹目が登場してからは毎日のように続々と土から顔を出しました。現在は5匹が無事に成虫に。逆に残り3匹がまるで音沙汰無いので少し心配しています。

今年のカブトムシはとても大きくて、胴まわりの太いこと。幼虫の頃から大きかったので期待はしていたものの、予想通りの成長に改めてビックリです。ただ、例年夜になると羽をバタバタいわせて大暴れをするんですが、今年はどちらかというと静かで餌のゼリーの減りも遅いです。あまりの暑さで、すでに夏バテかも。

現在で3代目、「累代飼育」はさほど気にしてはいませんが、そろそろ違う血を入れてみようと思っているので、近々採取に行ってみようと思います。

1307152.jpg  1307151.jpg

新しい命

まだまだ元気なカブトムシたちのケースから、ポツリポツリと卵が見つかるようになりました。2週間前に採卵してプリンの容器に移していたんですが・・・今朝になって2匹孵化していたんです!! もうそろそろだろうと事あるごとにチェックしていたので、小さな小さな(2ミリ)幼虫がクネクネしていたのを発見した時は、何と言ってよいやら。「ああ、また始まった」と熱いものがこみ上げてきました(笑)

夕方確認すると、しっかり容器の底まで潜ってジッとしていました。そして、表面には新たな命がもう1匹。ケースの中には何倍もの卵が眠っているはずなので、これから1ヶ月間は密かに「ベビーラッシュ」になるかもしれません。

1208171.jpg
写真はピンボケですが、矢印の先に幼虫が・・・。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。