ソフトバンクホークス 優勝おめでとう!!

やったね、ホークス!!
日本一おめでとう!!

みんな泣いてたね。うれしいだろうなぁ。
孫オーナーも、ホームゲームの時はいつもニコニコしながら観戦してた。選手たちに胴上げもされた。オーナーって、こういう姿が相応しいんじゃないのかな。どこかのチームでは有り得ないだろう。
スポンサーサイト

清武代表はどうなる?

プロ野球日本シリーズが行われている一方で、あの大巨人軍が揺れている。ナベツネさんの暴走に、清武球団代表が反旗を翻したことから内紛が勃発。桃井前オーナーが参戦してナベツネさんを援護射撃したことで、清武さんは四面楚歌状態になってしまった。その後もお互いコメントでの応酬を繰り返したが、名前の挙がった江川さんと岡崎コーチはとんだとばっちりだ。そんな彼らにコメントを求めるメディアもどうかしてる。

昨年までは中継をやっていれば自然とチャンネルを合わせていたが、今年は違う。3月の震災で開幕が危ぶまれた中、各球団が知恵を絞ったり譲歩したりして努力している時に、巨人だけはドームを使いたいがために、23区内が計画停電から外れていることをちらつかせて、最後までゴネまくった。この時の戦犯は、ナベツネ、桃井、清武の3氏だったが、これとてナベツネさんの大号令に違いない。自分はこのわがままで醜い行為のために、今年は一切巨人戦の中継を観なかった。人気が低迷して視聴率もガタ落ち、地上波からどんどん姿を消しているっていうのに、未だ過去の栄光を翳して己のことしか考えない、こんな球団に嫌気が差したからだ。

これまで右へ倣いをしていた清武さんが、突然記者会見を行ってナベツネさんを告発したのだから、相当はらわたが煮えくり返っていたのだろう。周囲が変化していても、旧態依然とした老舗球団の経営は、あの85歳の「鶴の一声」に役員たちが右へ倣いしていると容易に察しがつく。もうブランド名にファンが目の色を変える時代ではないことを、どうして理解しようとしないのだろうか。

「お家騒動」「泥仕合」と周囲は高見の見物を決め込んでいるようだが、経営方針に一石を投じた清武さんの行動は評価したい。順序がどうあれ、方法がどうあれ、誰もそれをやろうとはしなかった。本人は腹を切る覚悟かもしれないが、犬死にだけはならないように祈りたい。とにかく巨人軍はナベツネさんに退いてもらい、一度どん底を味わった方が良いかもしれない。

最悪なのは清武さん自身が、「あれは私の勇み足で、完全な勘違いでした」と謝罪会見を行うことだ・・・。

これがドラフト制度

今年のドラフト、巨人と菅野選手にとっては天国から地獄へ突き落とされたような時間だったに違いない。「相思相愛」「一本釣り」こんな見出しが前日の新聞で躍っていたから、当人たちはもとより、メディアや我々も「きっと」そうなるとしか考えていなかったろう。

祖父は東海大相模高→東海大野球部の監督だったし、伯父は巨人の4番を経て現監督。その伯父の姿に憧れて今日まで頑張ってきたのだから、巨人で野球をやりたいという気持ちはよくわかる。

ところが、予想だにしていなかった日本ハムの参戦。巨人のスタッフは茫然自失で、原監督にいたってはくじを引くことさえ出来ず。代わりに清武球団代表がピンチヒッターに立ったが、日本ハムに交渉権を持っていかれてしまったのだから、これ以上のショックはないだろう。まさに青天の霹靂。しかし、この一連の日本ハムの行動に、会場の招待客から歓声が上がった。

ドラフト後のインタビューで原監督は顔面蒼白、「監督と伯父という二つの立場で・・・とにかく残念です」と答えるのが精一杯だった。一方菅野選手も記者会見で笑顔はなく、「今は終わってホッとしています」のひとこと。胴上げも写真撮影も中止となった。

日本ハムの行動を「KY」と感じるか、はたまた一部新聞にも掲載された「強奪」と受け取るか。それは本人や取り巻きに任せるとして、後にも先にもこれがドラフト制度なのだ。どのチームにも公平に選択権が与えられ、くじを引いて交渉権を獲得する。だから「逆指名」という正当な権利でも何でもない、口約束の武器をかざす選手には良い印象はなかった。

これまで「相思相愛」というお墨付きを手にしながら、悔し涙を流した選手がどれほどいただろう。あの江川氏の入団のゴタゴタはあまりにも有名だし、清原氏は巨人からの指名を心待ちにしていたが、指名したのはよりにもよってチームメイトの桑田氏だった。西武に入団した清原氏は、翌年の日本シリーズでその巨人と覇権を争い、優勝目前最後の守備についた時、万感の想いが込み上げて目から涙が溢れた。
今回のケースとは少し違うかもしれないが、いずれにしてもそんな壁を歯を食いしばって乗り越えて、彼らは一流選手となったのだ。

菅野選手がどういう選択をするのか注目されるところだが、少なくとも高く評価した日本ハムを逆恨みすることだけはしないことだ。日本で野球をやる以上、それは自身の大きな汚点となってずっと付き纏うことになるかもしれないからだ。

最近の野球部事情

 長男がいる野球部は来年どうなるか・・・。3年生最後の公式戦・中体連がこれからというのに不謹慎かもしれませんが、これが終われば3年生は引退して、2年生がチームを引っ張っていくことになります。先日来年の役員決めがあって、オヤヂは父母会の副会長を務めることになりました。会長はいつも子供たちを叱咤激励してくれる同級生S君のお母さん。とっても元気のいいお母ちゃんで信頼も厚く、事ある毎に必ず相談をし合いながら進めてきました。

 3年生9名が引退すると、2年生2名、1年生が10名という体制になります。2年生は入部時に5名いましたが、1名退部、1名不登校、そして紅一点だったAさんもここで退部することになりました。不登校のI君は長男と同じクラスで、ウソやいたずらを繰り返しているうちに孤立してしまったそうです。小学校時代運動会で応援席にいた1年生のクラスに向かって、後ろから砂を撒いていたのを自分が注意したことがありました。先日も休業日に病院へ行った帰り、たまたまアイス片手に自転車に乗っているI君と遭遇。お互い顔を見合わせながらすれ違いました。

 でも、I君の不登校は母親に原因があるように思います。小学校では違うチームに所属していて、対戦する時に挨拶しても返さなかったり、野球部に入った時は「いずれ私が会長に立候補しますから」と宣言するし。ところが車出しとなると仕事を理由にほとんど人任せ。休部届けを出した直後の父母会でも「夏休み前までには登校させますから」と言い切りましたが、休んでいるのはI君です。母親の思い込みや判断で不登校がなくなるほど、子供の心はそんな簡単なものではないでしょう。そして、帰り際誰ということなく「とんでもないクラスに入ったもんだ」と吐き捨てるように言ったそうで、それを聞いたカミさんは怒り心頭。実はこの母親は何ひとつ分かっていないんだなと感じました。7月になりますが案の定状況は一向に変わってはいません。我が子に向かって「そろそろ学校へ行かなきゃダメじゃない」という、無責任な言葉を浴びせていなければいいのですが・・・。

 変わって紅一点のAさん、小学生の時はずっとソフトボールをやっていたそうで、長男と比べて体の大きさが全然違います。中学にソフトボール部が無いので野球部に入ったそうですが、男だけの中に飛び込むだけでもすごい勇気がありますよね。2年生がひとり減りふたり減りしている中で、本当に頑張っていました。ところが、監督の先生が彼女を試合に出そうとしないんです、頑なに。観に行くとスコアをつけているかベンチの端にポツンと座っているだけ。練習を見ていると基本はしっかりしているし、長男よりもずっと力がある。でも、試合には故障の多いS君の代わりに、長男ばかりが起用されています。車出しの時にお母さんと話をしましたが、意地になっているようだと言っていました。町内のもうひとつの中学にはソフトボール部があって、練習に参加しても構わないとその学校の先生も言ってくれているのだそうですが、違う学校のユニフォームに袖を通すのが嫌なんだそうです。

 Sさんやカミさんと何とかしてあげたいねと言っていた矢先、カミさんが「学食のおばちゃん」をしている高校のソフトボール部から誘いが来ました。自宅から近いし、彼女の評判を聞いた先生が練習に参加してみたらと言ってくれたのだそうです。「こんな話があって退部することになりそうなんだけどごめんね」と、お母さんからカミさんに連絡がありました。でも、我々は大賛成です。メンバーが減るのは残念ですが、この先何もさせてくれないまま時間を浪費するより、恵まれた体格を生かして実力をつけていってほしい。1番大切な時に朗報が飛び込んできて、自分のことのようにうれしかったです。
ただ、退部届けを先生に提出した時「ちょっと待て、話をしよう」と言われて、ここ数日膠着状態が続いているんだとか。Sさんと何を今さらということで、事態が動かなければまとまって先生への直談判を決行するつもりでいます。

 いろいろある野球部ですが、子供たちが真剣に取り組んでいる以上親も頑張らなくてはいけません。ただ、新キャプテンにはどうも長男がなりそうな雰囲気で・・・。もっともふたりしかいないんですが、故障の多いS君が長男を推薦してくれたそうです。ヤツに下級生を引っ張っていく「実力と魅力」があるのか、悩みの種は尽きません。

親ならもうちょっと考えようよ

 先週長男の所属する野球部を記事にしました。その時車出しをした自分は初仕事だった訳ですが、1年生は5名しかいないのに加えて、土日不定期で仕事をされている親御さんが2家族いるので、多い時は3回に1回は車出しの当番が回ってきます。いろいろな条件の下で生活しているのですから、それは仕方のないことです。子供たちが好きな野球を目いっぱい出来るように、親同士協力し合っていかなくてはなりません。自分も祝祭日は通常出勤だし、足がこのような状態なので・・・。

 でもね、「対応出来ないから終わり」は子供の社会では通用するかもしれませんが、「何もしなくてもいい」ということにはならないはず。限られた条件の中で自分の出来ることを見つけて参加する、これが親として大人としての対応ではないですかね。

 先週いっしょに車出しをしたS君のお母さん、
「私は好きだから、当番じゃなくても行ける時はグラウンドに顔を出します。だから、ギターオヤヂさんはお茶出しとかは気にしないで下さいね。」
竹を割ったような性格で頼りになる方です。それだけに曲がったことを放ってはおきません。今日も遠征があり、遠距離だったので2年生の親御さんがマイクロバスを仕立てて下さいました。たまたま仕事が休みだった1年生の親御さんが車出しをすることになっていましたが、マイクロバスになったのをいいことに現場へ行かずに、お茶出し当番を2年生の親御さんがやることになってしまいました。それを目の当たりにしたSさんが、当番だった親御さんに連絡。すると、
「え、お茶出しに行くんですか? 行ける人にやってもらえると助かるんですが・・・。Iさん(土日お仕事のもう一方の親御さん)と相談してみます。」
「当番だからグラウンドに来るのは決まりなんですよ。仕事なら前もって言ってくれれば対応出来たけど、今日は来ることが出来たんですよね。それから、Iさんと二人だけで決め事をするのは遠慮して下さい。1年生は5人いるんですから、何かあった時は全員で話し合いましょう。」
とSさん。ごもっともです。
 こんな経緯をSさんから聞いた自分たちはビックリ仰天でした。4月の最初の父母会で引継ぎされた事項で、その場にも同席していたはずでした。それなのに・・・。

 出来ないことははっきりと伝えて協力を依頼する。その代わりそれ以外のことで何か手伝うことの出来ることを見つけて、出来る範囲内で協力をする。これが最低限のルールではないかと思います。お茶の容器やコップを当番に代わって洗うとか資料作りを手伝うとか、探せば仕事はあるはずなんです。

 うちもカミさんが行ける時は問題ありませんが、自分が車出しをする時はどなたかにお茶出しをお願いしなくてはなりません。その代わりカメラを持参して、選手たちを1日中追いかけます。少年野球に関わっていた時と同じスタンスで参加をしています。他の親御さんからはどう思われるかは分かりませんが、何らかの形で参加したいという自分への拘りなんですね。
 親としての自覚云々よりも、たった5人なのになぜこんなに話が拗れるのかと、そのことに唖然とした1日でした。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。