地元コミュニティーFM局が・・・

つまらない。
以前は自身がレギュラーに起用していただいたこともあれば、ある番組で鉄道をテーマにしたコーナーを担当させていただいたこともあった。番組に手作り感があって、例えると学校の放送部と民放FM局の中間のような存在だった。決して敷居が高い訳ではなく、それだけにパーソナリティーが身近な存在で、オマケに小回りが利く、「コミュニティー」のメリットを目いっぱい生かしていたFM局だった。

ただ、ここ1~2年の様子がどうもおかしい。いつの間にかパーソナリティーの名前が聞かれなくなり、そして番組も長く続かない。内容もパッとしない。「地域にぴたっと」というキャッチフレーズの真意を問いたくなるぐらい、パーソナリティーとリスナーの距離が離れてしまった。これは「コミュニティー」にとっては致命的のように思うが、局側はそれに気付いているのだろうか。

人が辞めていくのは、会社の最高責任者の方針に同調出来ない、信用してもらえない、扱い方が不公平・・・という理由が多い。コミュニティーとて企業であるから、営利優先で業務を展開するのは決して悪いことではない。ただ、それが必要以上に人件費を圧迫したり、やる気を殺いでしまうことになれば、自身の可能性を生かすために新たな職場を求めることになる。実際他局のコミュニティーに移って番組を担当しているパーソナリティーもいるし、つい最近では最も戦力となる中堅営業マンが退職してしまった。

自身も聴きたいと思える番組がずいぶんと減った。お世話になったパーソナリティーとはたまにメールを交換しているが、首の皮一枚でその距離を繋いでいるとしたら、それはパーソナリティーの人柄のように思う。伝えることをしっかりと伝え、且つリスナーとコミュニケーションを図ることが出来る人の番組は、忙しい時でも何とか聴きたいと思うものだ。リスナーとの窓口を大切にするパーソナリティーを支持したくなるのは当然の成り行きだ。

昨年の「東日本大震災」では、情報提供に地元コミュニティーFM局が大活躍したという。「○○町の△△さんが、□□避難所におります」「本日自衛隊のお風呂サービスがあります」、こんな情報は民放FM局では流れない。スタッフが瓦礫の中を走り回って様々な情報を集め、新鮮なうちにそれを電波に乗せる。被災者にとっては有難い存在だったに違いない。もちろん現在も地域のために東奔西走しているという。
静岡県を大地震が襲うと言われて久しいが、万が一の時にこの局は同じ対応が出来るだろうか。そういう時こそ「コミュニティー」としての真価が問われるが、ここのところの状況から推察すると、何一つ満足に事を運べない姿が容易に想像出来てしまうのだ。

このコミュニティーFM局、いったいどこに向かっているのだろう。

スポンサーサイト

ラジオ番組が終了しました

 何とか生きております。いつもご訪問いただきありがとうございます。今週静岡も桜は満開。でも、今年は撮影にも行けず悶々とした日々を送っています。

 先週の土曜日で1年間続けてきた番組、「週刊テツタビ百科」が終了しました。放送回数は50回で正直「よくここまで・・・」と思いましたが、思い返してみればこの1年間はあっという間でした。「すまいるトレイン777」の最後のコーナーとして、鉄道を分かりやすく、そして旅の楽しさを伝えることを目的としてきました。もともと「すまいる-」を列車に見立て、車掌である小坂パーソナリティーが進行役を務めていきますが、
「私、車掌なんて偉そうに言ってますが、鉄道のこと全然知らないんです」とカミングアウト。リスナーといっしょに「お勉強」していくことになりました。

 この番組以前に5年ほど前からマイクの前で話すことを経験していましたが、早口&噛み噛みはいつまで経っても直らずに、結局最後まで聴きにくい喋り方が続きリスナーにご迷惑をおかけしてしまいました。また、鉄道に限った話だったので、誤った情報を提供することと失言には気をつけてきたつもりです。調子に乗ると必ず落とし穴って待ち構えてますからね。

 夏くらいからメッセージやご本人が撮影された写真、番組ブログへの書き込みがあり、番組内でその返事をするのも楽しくなってきました。やはり、鉄道好きはたくさんいらっしゃったようです。しかも、みなさん本当に詳しい。半端な原稿作りをしまうとたちどころにツッコミが入りそうな雰囲気だったので、時間内に納まるいっぱいの時間を使って話をしました。でも、反応があるというのが1番うれしいことなんですよね。

 最終回のテーマは、「終着駅は通過駅」。旅と番組を重ね合わせて、「これからももしかしたらお話をさせていただくことがあるかもしれません・・・」というニュアンスで終了しました。驚いたのが、「鉄道が好きになりました」「1年間お疲れ様でした」「またすぐに復活して下さい」というメッセージをたくさんいただいたことです。本番中なのにヤバかった・・・。加えて事前に中島みゆきさんの「ヘッドライトテールライト」を番組の後に流してもらえるようお願いしてあった(「旅はまだ終わらない」このフレーズが好きなので)ので、それを聴いた小坂パーソナリティーも必死で堪えているようでした。(何か悪いことしちゃったな。でも、フルコーラス流してもらえてうれしかった)

 番組のラストにも小坂パーソナリティーからコメントをいただき、ディレクター共々この「テツタビ」を大切に扱って下さっていることを知り、本当にうれしかったです。そのふたりには50回分の放送原稿を1冊のファイルにまとめたものをプレゼント。厚さが1cmを超えてました。
 始まりがあれば終わりがあります。同じ終わりでもこういう幕引きが出来ることは、とっても幸せなことだと思います。自分の中にまたひとつ引き出しが増えたような気がしました。

まもなく番組が終了です

 すっかりご無沙汰してしまいました。コメントや拍手をして下さったみなさん、ありがとうございます。現在平日は、とある事情でインターネットに接続出来る環境にありません。ですから更新も滞りがちになって、遊びに来て下さった方にご迷惑をおかけしています。この状況はもう少し続きますのでお許し下さい。

 さて、そうこうしているうちに、担当しているラジオ番組が終了することになりました。ちょうど1年務めさせていただき、リスナーからのメッセージが楽しみになるほどたくさん送っていただきました。内容的には大したものではありませんが、鉄道や旅が身近に感じるようになったという声は本当にうれしく思います。
 それではオヤヂがどんなことをテーマにしてきたのか、昨年11月からのお届けした内容をご紹介します。

●11月
  7日  なぜ列車同士は衝突しない?閉塞区間と信号の話 (第29号)
 14日  列車の安全を守れ・保安システムの話 (第30号)
 21日  新幹線大解剖!東海道・山陽新幹線PART1 (第31号)
 28日  新幹線大解剖!東海道・山陽新幹線PART2 (第32号)

●12月
  5日  冬のみちのくを行くストーブ列車・津軽鉄道 (第33号)
 12日  満員電車の強~い味方・吊革の話 (第34号)
 19日  運賃と料金の話 (第35号)
 26日  鉄道に魅せられて40年・藤田の戯言 (第36号)
  
●2010年1月
  2日  2010年の鉄道事情 (第37号)
  9日  路面電車にエールを贈ろう! (第38号)
 16日  列車の顔・ヘッドマーク (第39号)
 23日  鉄道雑誌&写真集って見たことありますか? (第40号)
 30日  発車メロディー特集 (第41号)
       
●2月
  6日  青函トンネル物語PART1(第42号)
 13日  青函トンネル物語PART2(第43号)
 20日  新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」 (第44号)
 27日  「フルムーンきっぷ」で旅に出てみませんか? (第45号)
      
●3月
  6日  京浜急行・駅メロはご当地ソング (第46号)
 13日  さよなら夜行列車「北陸」「能登」 (第47号)
 20日  列車の名脇役・網棚の話 (第48号)
 27日  走るレストラン・食堂車の話 (第49号)

●4月
  3日  終着駅は通過点 (最終号)


 これまでこの番組の前から含めて、「ボイスキュー」に関わるようになってまる6年になります。これから少しさびしい思いをしますが、考えてみれば滅多にない経験をさせていただきました。放送はあと2回、楽しんでお届けしたいと思います。

久しぶりにスタジオから

 毎週土曜日の「週刊テツタビ百科」も第33号を迎えました。12月5日の放送では、津軽鉄道の「ストーブ列車」を特集しました。地吹雪の中、だるまストーブの温かさが身に沁みます。地元の人の楽しみも最近ではツアー客に占領されて、天板には常にスルメが乗っているとか。

 今年の放送もあと3回になりましたが、リクエストやオヤヂの話に新たな情報を寄せて下さるリスナーさんも増え、一層張り合いが出てきました。「すまいるトレイン777」という番組のコーナーとして担当させてもらっているので、車掌(進行役)の小坂パーソナリティーや美人ディレクター(写真はゴメンナサ~イといつも逃げ回っていますが)に助けてもらっています。

 月末には「ボイスキュー」のパーソナリティーさんやディレクターさんたちとの忘年会があります。自分は一滴もアルコールはダメなんですが、みなさんをイジるネタはい~っぱいあるので、めいっぱい盛り上げようと画策しています。

0912051.jpg
番組終了直後にディレクターさんに撮ってもらいました。遠近法でも太刀打ち出来ない小坂Pの小顔・・・。

「テツタビ」今日までそして明日から

 吉田拓郎さんの曲ではありませんが・・・。
先日続投が決まったことをお知らせしました。すでに半年が経過して、やっとこさ通巻23号まで辿りつくことが出来ました。区切りとして、放送済みの内容とこれからの予定を列記してみました。こうやって並べてみると、よくもまあこれだけバラバラにテーマを選んだものだと、つくづく自分のいい加減さがバレてしまいます。お相手の小坂Pは、「私は車掌(担当の「すまいるトレイン777」では車掌という設定です)のくせに鉄道のことをほとんど知らないんです。でも、本当にたくさんのジャンルがあるんですね」と、フォローはしてくれるんですが・・・。

 4月11日(創刊号)  時刻表大研究 PART1
    18日(第2号)  時刻表大研究 PART2
    25日(第3号)  全国津々浦々駅弁事情 PART1
 5月 2日(第4号)  全国津々浦々駅弁事情 PART2
     9日(第5号)  東西南北JR最果ての駅
    16日(第6号)  鉄道軌間(ゲージ)の話
    23日(第7号)  JR車両の形式番号について PART1(電車編)
    30日(第8号)  JR車両の形式番号について PART2(機関車編)
 6月 6日(第9号)  列車に乗って紫陽花を観に行こう PART1
    13日(第10号) 列車に乗って紫陽花を観に行こう PART2
    20日(第11号) 信越本線碓氷峠物語 PART1
    27日(第12号) 信越本線碓氷峠物語 PART2
 7月 4日(第13号) 「新幹線なるほど発見デー」へ行こう!
    11日(第14号) 電車はなぜ動く? 電気とモーターの話
    18日        特別番組のため休止
    25日(第15号) 「青春18きっぷ」で乗る夏のイチオシ路線!
 8月 1日(第16号) 寝台列車の魅力 PART1
     8日(第17号) 寝台列車の魅力 PART2
    15日(第18号) JRの指定席予約システム(MARS)
    22日        特別番組のため休止
    29日(第19号) 男の浪漫? 鉄道模型の世界
 9月 5日(第20号) 一瞬を切り取る 鉄道写真に挑戦
    12日(第21号) 地元私鉄に乗ろう PART1(伊豆箱根鉄道駿豆線)
    19日(第22号) 地元私鉄に乗ろう PART2(伊豆急行線)
    26日(第23号) 地元私鉄に乗ろう PART3(岳南鉄道線)


10月  3日(第24号) おもしろ駅名事典
    10日 (第25号) 秋にイチオシ! 絶景の紅葉を楽しむならこの路線
    17日(第26号) こんなにあった! 鉄道にまつわる記念日
    24日(第27号) 海抜5千メートルを駆ける天空列車(中国・青蔵鉄道)
    31日(第28号) 鉄道博物館を探検する
11月  7日(第29号) 新幹線大解剖 PART1
    14日 (第30号) 新幹線大解剖 PART2
    21日(第31号) 鉄道雑誌って見たことありますか?
    28日(第32号) なぜ列車同士はぶつからない? 閉塞区間と信号の話


  何でもそうだと思いますが、鉄道も日進月歩日々進化しています。オヤヂの知識はかなり古く、頭の片隅でホコリを被っています。だから新しい車両やシステムを紹介する時は、あっちこっちの資料をひっくり返して大騒ぎ。それを10分弱にまとめなくてはならないので、金曜日の夜、まさにこの時間帯はいつもメチャクチャなんです(いいのか?記事なんか書いてて)。知識が入れ替わるのは有難いんですが、すぐに忘れるという大きな弱点があって、これからもドタバタは続きそうです。来年3月末で終了した後、資料をまとめて小冊子に出来るといいなぁ・・・。さ、明日の原稿原稿。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。